ニュース

【4/8大会】ONE On TNT I– モラエスが王座防衛

2021年4月8日

ONEチャンピオンシップ史上最大の大会が相次ぐ1ヶ月が始まる。

米国のゴールデンタイムで放映される大会「ONE on TNT I」のカードは、初めから最後まで世界クラスのタレントで埋め尽くされている。

メインイベントは格闘技史上最大のフライ級総合格闘技マッチ。ONEフライ級世界チャンピオンのアドリアーノ・モラエス(ブラジル)がONEフライ級世界グランプリ王者DJことデメトリアス・ジョンソン(米国)を相手にタイトル防衛に臨む。

コーメインイベントでは、米国のレジェンドエディ・アルバレスが2位ライト級コンテンダーのユーリ・ラピクス(モルドバ)と対戦する。

また、ムエタイの最も危険なファイター、ONEフライ級ムエタイチャンピオンのロッタン・ジットムアンノン(タイ)が、ダニエル・ウィリアムス(オーストラリア)と対戦する。

試合結果は以下の通り。

メインカード

キャッチウェイト (61.5KG)
ロッタン・ジットムアンノン“Mini – T”ダニエル・ウィリアムス に、 ユナニマス判定で勝利

フライ級 世界タイトルマッチ
“Mikinho”アドリアーノ・モラエス“Mighty Mouse ”デメトリアス・ジョンソン に2ラウンド2:24 、 ノックアウトで勝利

ライト級
“The Underground King ”エディ・アルバレスユーリ・ラピクス 、無効試合

リードカード

ウェルター級
レイモンド・マゴメダリエフタイラー・マグワイア に、 ユナニマス判定で勝利

フェザー級 キックボクシング
“The Hurricane”エンリコ・ケール“Chinga”チンギス・アラゾフ に、 スプリット判定で勝利

ヘビー級
“Reug Reug”オマール・ケイン“Big Swiss”パトリック・シミッド に1ラウンド1:48 、 TKOで勝利

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。