ソーシャルメディア

ONEとアスリートも#BlackoutTuesday

2020年6月3日

白人の警察官に拘束され黒人男性が死亡した事件を受けて、SNSで広がっているキャンペーン「#BlackoutTuesday(ブラックアウト・チューズデー)」にONEチャンピオンシップと所属する世界中のアスリートたちも加わった。

View this post on Instagram

#BlackoutTuesday

A post shared by ONE Championship (@onechampionship) on

真っ黒な画面(ブラックアウト)を投稿する#BlackoutTuesdayは、米国・ミネソタ州で拘束された黒人男性が白人警官による暴行で死亡した事件を受けた平和的抗議活動を支援するために広がっている。反人種差別への連帯を示すものとされる。

ONEの使命は、世界に希望、夢、インスピレーション、強さをもたらす現実世界のスーパーヒーローを示すことであり、多様性を受け入れ結束する動きを信じ、後押しする。

アライン・ンガラニ(香港)やアルジャン・ブラー(インド)、デメトリアス・ジョンソン(米国)、エディ・アルバレス(米国)、ジェフ・チャン(カナダ)、ソヴァナリィ・エム(カンボジア/米国)、ジャッキー・ブンタン(米国)、リアム・ハリソン(イギリス)、ジョナサン・ハガティー(イギリス)、ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)らも自身のSNSで同様の投稿をしている。

差別との戦いはこれからも続くが、ONEは多様性と包括性を重んじ、世界中の人種差別に反対する。#WeAreONE(我々はONE、ひとつです)。