キックボクシング

【9/29大会】ONE 161: Petchmorakot Vs. Tawanchai – タワンチャイが新王者

2022年9月29日
Petchmorakot Tawanchai 1200X800 faceoff

ONEチャンピオンシップは9月29日(木)、シンガポール・インドア・スタジアムで「ONE 161: Petchmorakot vs. Tawanchai」 を開催した。

メインイベントは、ONEフェザー級ムエタイ世界タイトルマッチ。タワンチャイ・PK・センチャイ(タイ)が、長期にわたって王座に君臨していたペットモラコット・ペッティンディー(タイ)に勝利し、新王者となった。

ONEヘビー級キックボクシング世界グランプリ準決勝では、イラジ・アジズプール(イラン)と階級を上げて出場したONEライトヘビー級キックボクシング世界チャンピオンのローマン・クリークリャ(ウクライナ)が、それぞれ決勝進出を決めた。

予定されていた若松佑弥ワン・シュオ(中国)は、ワンの体重超過により試合が不成立となった。

クリークリャ、ティファニー・テオ(シンガポール)、ホドリゴ・マレーロ(ブラジル)の3人が、鮮やかなフィニッシュ勝利や戦いぶりを評価され、ONEチャンピオンシップのチャトリ・シットヨートン会長兼グループCEOから5万米ドル(約720万円)のパフォーマンス・ボーナスを授与された。

試合結果は以下の通り。

メインカード

フェザー級 ムエタイ 世界タイトルマッチ
タワンチャイ・PK・センチャイペットモラコット・ペッティンディー に、 ユナニマス判定で勝利

ヘビー級 キックボクシング 世界グランプリ 準決勝
ローマン・クリークリャグート・イノセンテ に1ラウンド0:52 、 TKOで勝利

ヘビー級 キックボクシング 世界グランプリ 準決勝
イラジ・アジズプール“Mohamed Ali”ブルーノ・チャベス に、 ユナニマス判定で勝利

ライト級
ザイード・イザガクマエフジャン・リーポン に、 ユナニマス判定で勝利

アトム級
“ノー・チル”ティファニー・テオリトゥ・フォガット に1ラウンド4:52 、サブミッション (リア・ネイキッド・チョーク)で勝利

ヘビー級
“Reug Reug”オマール・ケイン“Cannibal”バトラズ・ガザエフ に2ラウンド2:15 、 TKOで勝利

リードカード

バンタム級 ムエタイ
“Babyface Killer”アラヴァディ・ラマザノフカピタン・ペッティンディー に、 スプリット判定で勝利

バンタム級 ムエタイ
“The Million Dollar Baby ”センマニー・PK・センチャイ“Muay Thai Boy”ジャン・チェンロン に、 スプリット判定で勝利

フェザー級 ムエタイ
フェラーリ・フェアテックスハン・ズーハオ に、 ユナニマス判定で勝利

バンタム級 サブミッション・グラップリング
“Diguinho”ホドリゴ・マレーロルスラン・バグダサリアン に1ラウンド0:15 、サブミッション (ankle lock)で勝利

ミドル級
アリ・フォラディ“Ta Danado”マテウス・フェリペ に1ラウンド4:20 、 ノックアウトで勝利

その他の結果

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。