若松 佑弥

"Little Piranha"

身長
168 CM
体重制限
61.2 KG
出身
日本
身長
168 CM
体重制限
61.2 KG
出身
日本

紹介

パンクラス・フライ級トーナメント王者の若松佑弥は、鹿児島県の出身のアスリートである。彼は、子供の頃からケンカをする事が多く、 隣人とトラブルを起こす事が多かった。彼は素行の悪さを抑制するために格闘技の道に入った。有り余ったエネルギーを開放する一方、そこで規律を学んだ。若松は10代の時にボクシングのトレーニングを始めたが、ONEチャンピオンシップを見た彼は、ボクシング以外の格闘技も学び始める。

若松は18歳の時にプロ格闘家の夢を追求するため、東京に上京。わずか2年後にはプロとしてデビューを果たした。1ラウンドで寝技による敗北を味わったが、その後、破竹の9勝8KOの戦績を收めた。その後、2016年にはパンクラス・フライ級トーナメントに参戦し、2018年にはパンクラス世界タイトルに挑戦した。

若松はその後、すぐにONEチャンピオンシップと契約し、現在では世界の舞台で戦っている。彼は日本総合格闘技の期待のホープとして注目を集めている。判定勝ちを狙わず、1ラウンドKOを狙う荒々しいスタイルはファンを魅了し続けている。