【3/26大会】ONE X、ノンオーがラマザノフと防衛戦

Nong O Gaiyanghadao Alaverdi Ramazanov 1200X800

ONEバンタム級ムエタイ世界チャンピオンのノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)がONEチャンピオンシップの10年の歴史の中で最大級のライブイベント、3月26日(土)にシンガポール・インドアスタジアムで行われる「ONE X」で、5度目の世界タイトル防衛戦を行う。

挑戦者は、元ONEバンタム級キックボクシング世界チャンピオンのアラヴァディ・ラマザノフ(ロシア)だ。

262勝54敗1分の戦績を有するノンオーは、ムエタイ界の真のレジェンド。2018年4月に引退を撤回してONEスーパーシリーズに参戦して以来、無敗を保っている。

ONEではで7戦全勝。2019年2月には圧倒的なパフォーマンスで初代ONEバンタム級ムエタイ世界王座に就き、これまでに4度防衛している。

対するラマザノフは、この階級の最も危険なアスリートの1人、長身で大柄なダゲスタンのストライカーだ。ムエタイとキックボクシングで62勝6敗という戦績を築き上げ、数々のハイライト級のノックアウトを記録している。

2019年12月に初代ONEバンタム級キックボクシング世界王座を獲得したが、2021年1月にカピタン・ペッティンディーアカデミー(タイ)にベルトを剥ぎ取られた。

だがそこでラマザノフはムエタイに回帰し、昨年11月の「ONE: NEXTGEN III」のコーメインイベントでポンシリ・PK・センチャイムエタイジム(タイ)を第1ラウンドでノックアウトした。

この優れたパフォーマンスにより、バンタム級ムエタイの4位コンテンダーになり、ノンオーへの挑戦権を獲得した。

「ONE X」では、他にも3試合が決定している。

メインイベントでは、ONE女子アトム級世界チャンピオンのアンジェラ・リー(シンガポール)が復帰し、1位コンテンダーでONE女子アトム級世界グランプリ優勝者のスタンプ・フェアテックス(タイ)を迎えて防衛戦を行う。

また、ONEフライ級世界チャンピオンのアドリアーノ・モラエス(ブラジル)が、急成長中のランキング2位のコンテンダー若松佑弥を相手にタイトル防衛に臨む。

さらに、ONEフライ級ムエタイ世界チャンピオンのロッタン・ジットムアンノン(タイ)とMMAのレジェンドのデメトリアス・ジョンソン(米国)の待望の特別ルールによるスーパーファイトが対決が行われる。

シンガポール・インドア・スタジアムで観戦チケットはこちらから予約できる。

Read more: 【1/14大会】ONE: HEAVY HITTERS – ションV6

ニュースをもっと見る

Tagir Khalilov Yodlekpet Or Atchariya ONE Friday Fights 41 22 scaled
TawanchaiPKSaenchai SmokinJoNattawut 1920X1280
Kongchai AkramHamidi 1920X1280
Itsuki Hirata Ayaka Miura ONE 165 11 scaled
Liam Harrison Muangthai ONE156 1920X1280 31
Linda Darrow Victoria Souza ONE Fight Night 7 1920X1280 41
MasaakiNoiri Champ 1200X800
OFF65 main event
Tawanchai PK Saenchai Jo Nattawut ONE Fight Night 15 14 scaled
Superlek Kiatmoo9 Rodtang Jitmuangnon ONE Friday Fights 34 55
Katsuki Kitano Halil Kutukcu ONE Friday Fights 38 27
Kade Ruotolo Francisco Lo ONE Fight Night 21 57