ニュース

【10/13大会】アンジェラ・リー終盤決めた一本勝ち、アトム級女王の証明

2019年10月13日

アンジェラ・リーはONE女子アトム級世界タイトル防衛戦でション・ジンナンにサブミッション勝ちを決め、アトム級の女王たる所以を見せつけた。

10月13日(日)、東京・両国国技館で開催された「ONE:CENTURY 世紀」朝の部の「ONE: CENTURY PART I」のメインイベントで、リーは第5ラウンドでのリアネイキッドチョークによりション・ジンナンを相手に一本勝ちを挙げた。

???? STILL "UNSTOPPABLE" ????

???? STILL "UNSTOPPABLE" ???? Angela Lee submits Xiong Jing Nan late in Round 5 to win their back-and-forth rematch and retain the ONE Women's Atomweight World Title!????: Check local listings for global broadcast details????: Watch on the ONE Super App ???? http://bit.ly/ONESuperApp????: Shop Official Merchandise ???? http://bit.ly/ONECShop

Posted by ONE Championship on Saturday, 12 October 2019

試合開始直後、まずションの重いパンチが鋭く決まり、リーに片膝をつかせた。それでも果敢に攻め続けたリーだが、ストロー級世界王者ションは熾烈なストライクを繰り出し、何度もリーに右パンチをくらわせた。

第2ラウンドでもションがストライクで優位に立ち続けたが、リーも次第にリズムを取り戻し、自分らしいストライクを打ち始める。

第2ラウンド終盤、試合のペースが落ちたところで、リーはシングルレッグ・テイクダウンでションをマットに沈ませ、膝での激しいストライクを連打しつつ、サブミッションの機会をうかがった。

Angela Lee

第3ラウンドの序盤はキャンバス上にもつれこみ、リーはションをフェンスに押さえつけ、顔面にパンチを打ち込んだ。

リーはそのまま素早くションの背中を取り、サブミッションを狙い、さらにボディーとヘッドへのストライクを連打した。一瞬、フェイスロックに持ち込むものの、最終的にはより激しいストライクで第3ラウンドを終え、最終2ラウンドに向けての優位を確かなものにした。

第4ラウンド始め、リーの優勢を感じたションは気を取り直し、再度激しい攻めに転じる。ションの鮮やかなパンチコンビネーションで観客は息を呑み、左フックでリーが崩れ落ちるとさらにどよめいた。

Angela Lee

だが、アンジェラ・リーはそこで歩みを止めることはなかった。「Unstoppable」のニックネーム通り、すぐに立ち上がり、攻め込み、ラウンド終了時には再度優位に立つ。

勝敗を決める第5ラウンドでは、序盤、ションがカーフキックでリーにダメージを与え、優位に立ったように見えた。

だが、そこからリーはまた猛烈な反撃を開始、フェンス際でのクリンチから鮮やかな流れでションをキャンバスに押さえ込み、攻撃を続けた。

Angela Lee

第5ラウンドが終わりに近づく中、リーは固いリアネイキッドチョークを決め、試合終了12秒前にフィニッシュで勝利した。

これによりプロとしての記録は10勝2敗0引き分けとなったリーは、ション・ジンナンへのリベンジを果たし、女子アトム級の女王としての実力を証明した。

リーは同日、ONEライト級世界グランプリ決勝でザイード・フセイン・アサラナリエフを倒した弟のクリスチャン・リーとともに、勝利を祝った。