女子アトム級世界王者

アンジェラ・
リー

"Unstoppable"

身長
164 CM
体重制限
52.2 KG
出身
シンガポール
身長
164 CM
体重制限
52.2 KG
出身
シンガポール

紹介

ONE女子アトム級世界王者のアンジェラ・リーは、「アンストッパブル(止められない)」というリングネームに恥じない活躍を見せ続けてきた。名高い格闘家の両親の元で、歩き始めてすぐ格闘技に親しみ始めると、努力と忍耐により、あらゆる分野で最高水準の成功を収めてきた。その若さにもかかわらず彼女は、2度のパンクラチオン世界王者、2013年のハワイ州レスリングチャンピオンに輝き、そしてまた、ブラジリアン柔術の黒帯でもある。

リーが闘争本能に導かれ、自分を試すべく総合格闘技の世界に足を踏み入れたのは、当然と言える。2015年5月にONEのイベントで鮮烈なプロデビューを果たすと、シンガポールのメガジム「Evolve MMA」に移籍し、さらに5連勝を飾った。中でも、リーがONE女子アトム級世界タイトルを初めて獲得した、2016年5月の山口芽生との対戦は、手に汗握る5ラウンドの激戦で、ONE年間最優秀試合にも選ばれた。

無敗のヒロインの数々の功績の中でも、最も注目すべき偉業は2017年5月の「ONE:DYNASTY OF HEROES」での試合だ。リーは肺炎の影響と戦いながら、ムエタイ世界王者イステラ・ヌネス(ブラジル)を相手にアナコンダチョークを決め、2度目の王座防衛を果たしたのだった。