アドバイス

ノンオーに聞く打撃レベルアップのコツ5つ

2020年4月26日

みんな、ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)のような格闘技IQがあったらよかったのにと思っているはずだ。

ムエタイの伝説ノンオーは、2018年4月にONEスーパーシリーズに参加して以来、完璧だった。時には手に負えないようにすら見える。

鋭いキック、パワフルなパンチ、鮮烈なカウンターで、世界中のファンを驚嘆させてきた。これらの驚くべきテクニックにより、ノンオーはONEバンタム級ムエタイ世界チャンピオンに輝いた。

この記事では33歳のノンオーが、ムエタイを極めるための5つのヒントを紹介する。

#1 精神を研ぎ澄ます

ベルトを肩に祈りを捧げるノンオー・ガイヤーンハーダオ

ムエタイで成功するためには、体力だけでなく精神的にも研ぎ澄まされていることが不可欠だ。ほんの一瞬で、勝ちと負けの違いが生まれるからだ。

激しいトレーニングは、ムエタイで活躍するために必要な精神力を育むのに役立つ。やがて、情報を処理する能力が高まり、相手の動きへの読みや意志決定をより迅速に行えるようになる。

「体を鍛えると、心も鍛えられる」

「どちらも一緒に強くなる。リングでははっきりとした強い心が必要だ。隙を見つけたらきちんと攻撃をするために、精神的に備えておく必要がある。ムエタイはペースが速く爆発的。ベストの体力、精神的な適性、強い心が求められる」

#2 体幹の強化

防衛戦に臨むONEバンタム級ムエタイ世界王者ノンオー・ガイヤーンハーダオ

ムエタイの打撃の鮮烈でダイナミックな力は、どこから来るのだろうか?それは体のコア(体幹)だ。威力のある打撃を放つためには、体幹の強さを高めることが欠かせない。

コアが強くなると、打撃が速くなり、力強いコンビネーションからバシッという音が聞こえるようになる。

「強力なコアは、強烈なキックやヒザ蹴りを放つために大事なことだ」

「常に様々なワークアウトで毎日、コアを強化するように努めてほしい。色んな種目を取り入れて」



#3技術をどう組み合わせるか

ノンオー・ガイヤーンハーダオが鈴木博昭にキックを決める

ムエタイのパンチ、キック、ヒジ、ヒザといった攻撃は、優れたストライカーになるために役立つ。だが全体的な技量を高めるためには、これらのテクニックを組み合わせることが必要だ。

スキルを組み合わせることができない場合は、攻撃を予測できるようにならないといけない。全ての打撃が連携するように能力を高めると、より効果的なコンビネーションを放てるようになる。

「十分な攻撃力がない状態で戦いに行きたいとは思わないだろう」

「フォームと、どう打撃を打つかも非常に重要。テクニックが最高の状態にあり、本当に美しく、効果的であってほしいと思うだろう。クリンチから相手を投げ飛ばすまで、そしてそもそも、それらをどううまく活用するかについてもだ」

#4 調整する能力

ノンオー・ガイヤーンハーダオがクロスでセーマペッチ・フェアテックスを粉砕

調整能力が高ければ、試合中のカウンター攻撃と防御がより効率的かつ効果的になる。ONEバンタム級ムエタイの世界チャンピオンを信じていい。

ムエタイでのトレーニングに時間をかけ続けると、より多くの情報を処理し、より対戦相手を読めるようになる。

「自分のキャリアでの収穫の1つで、非常に誇りに思っていることが、敵の動きを読んで必要な調整を行う能力だ」

「キャリアを通してあらゆるタイプの選手と戦ってきたが、どの選手も隙を残す習慣ある。自分も含め、全ての格闘家にはもろい部分がある。相手の隙を見つけ、そこを突くことができれば、格闘家として際立った存在になれる」

#5 常に教えを乞う姿勢

「Evolve MMA」でトレーニングするノンオー・ガイヤーンハーダオ

もう学ぶべきことはないと思ったり、指導者に適切な敬意を払わなかったりすると、ストライカーとしての成長は伸び悩むだろう。格闘技では継続的な学習が重要だ。

学んだことを伝えるためにそこにいるのは、生徒たちより前に格闘技を始めた人たちだ。彼らの専門的な知識に留意し、それらを吸収してより強くなることを目指してほしい。

「これは最も重要なことの1つ。より多くの経験を積んだ人の話を聞き、学んでほしい」

「上の世代の人たちには豊富な知識と経験がある。試合で学ぶことも多いが、さらに重要なことは、リング以外で学ぶことだ。ムエタイは単なるスポーツではなく、生き方。真のムエタイのファイターになるには、リングの内と外の両方で生きる必要がある」