特集

【7/31大会】ONE: NO SURRENDERのハイライト

2020年8月2日

5ヶ月ぶりのONEチャンピオンシップの本大会「ONE: NO SURRENDER」が7月31日(金)、タイ・バンコクで開かれた。

メインとコーメインイベントの、タイ選手同士によるタイトルマッチをはじめ、ムエタイ、キックボクシング、総合格闘技の計6試合が行われた。

この記事では「ONE: NO SURRENDER」のハイライトシーンを紹介する。

ロッタンがペッダムに僅差勝利で防衛

Rodtang's RAMPAGE in slow-mo! ????

Rodtang Jitmuangnon's RAMPAGE in slow-mo! ????

Posted by ONE Championship on Friday, July 31, 2020

メインイベントでは、ONEフライ級ムエタイ世界チャンピオンのONEフライ級ムエタイ世界チャンピオンのロッタン・ジットムアンノンが、長年のライバルであるペッダム・ペッティンディーアカデミーに勝利。

15分間の息をつく間もない試合だった。試合中はロッタンは、対戦相手をうまく自分のスタイルに引きずり込んだ。前に出て、プレッシャーをかけ、素早くパワフルなコンビネーションを打ち込んだ。

第2ラウンド終盤、世界王者であるロッタンはペッダムを窮地に追い込むが、ペッダムは凌いだ。

だが、その後もロッタンが試合をコントロール。ペッダムもなお危険であり続けたが、ロッタンは次から次に打撃を命中させ続け、王座を防衛したのだった。

格闘技の本拠地で連勝の波に乗る、ロッタンの強さを存分に見ることができた試合だった。

ペットモラコット、伝説を破り王者の証

Petchmorakot's got RANGE! ????

Petchmorakot's got RANGE! ????How to watch ONE: NO SURRENDER ???? bit.ly/nshowtowatch

Posted by ONE Championship on Friday, July 31, 2020

ペットモラコット・ペッティンディーアカデミーが、ヨドサンクライ・IWE・フェアテックスのパワーに対処し、マジョリティ判定勝ちで、ONEフェザー級ムエタイ世界タイトルを防衛した。

ヨドサンクライは、力強く前に出て、トレードマークのアッパーカットを放ってきたが、王者ペットモラコットはたくみにディフェンスし、プレッシャーに耐えた。

ペットモラコットは、カウンターで応戦。ヨドサンクライの動きを阻止するため、鍵を握ったのはジャブ。キックを放たれたところで、キャッチしてカウンターを繰り出した。試合が進むにつれ、ペットモラコットは自在に打撃をつなげるようになった。

ヨドサンクライは万全の体制で試合に臨んだが、ペットモラコットの方が戦略を実行するに当たってやや勝り、結果としてムエタイのレジェンドを相手に白星を挙げた。

この勝利で、ペットモラコットは、地上最強のフェザー級ムエタイ戦士としての地位を確固たるものにした。

スタンプ、総合格闘技で5勝無敗

Stamp Fairtex ???????? pounds out Sunisa Srisen to win via TKO!

Stamp Fairtex ???????? pounds out Sunisa Srisen to win via TKO! Could Angela Lee be next? How to watch ONE: NO SURRENDER ???? bit.ly/nshowtowatch

Posted by ONE Championship on Friday, July 31, 2020

ONEアトム級ムエタイ世界王者のスタンプ・フェアテックス(タイ)は、同胞選手のスニーサ・スリセンを相手に勝利、総合格闘技の戦績を5勝無敗とした。

スタンプは、試合序盤から圧倒し、スリセンのボディをヒザで攻撃。直後にスタンプは相手を寝かせる。

スタンプはバックをとると、左パンチを繰り返し顔面に見舞った。第1ラウンド3分59秒、レフェリーが試合を止めたのだった。

総合格闘技で再び連勝を伸ばしたスタンプだが、まだONE公式アスリートランキングに入るには時間が必要かもしれない。

試合の後、スタンプはONEチャンピオンシップ編集部の取材に「トップ5に入るには、まだ経験が必要だ。アトム級はタレントの宝庫。トップ5のランカーたちと対戦するには、まだ寝技を上達させなければ」と、答えた。

スーパーボン、シッティチャイ下す

Superbon ???????? wins the trilogy against Sitthichai!

Superbon ???????? wins the trilogy, outdueling Sitthichai in a razor-close kickboxing showdown! Is Giorgio Petrosyan next up?How to watch ONE: NO SURRENDER ???? bit.ly/nshowtowatch

Posted by ONE Championship on Friday, July 31, 2020

スーパーボン(タイ)は、同じくONE初戦のシッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)相手のラバーマッチを制した。それぞれの一流のテクニックを惜しみなく披露した接戦の3ラウンドは、ユナニマス判定で決着した。

シッティチャイは、強力なキックとトレードマークのヒザを繰り出したが、終始クリーンな打撃をヒットさせたスーパーボンに軍配が上がった。

シッティチャイが前に出て、コンビネーションを繰り出した時、スーパーボンは正確なカウンターパンチを命中させた。その間合いからさらにボディにガツンとキック。攻撃の量よりも正確性が試合を分けた

ONEフェザー級キックボクシング世界タイトルが創設されれば、このようにデビュー戦を印象的な勝利で飾ったスーパーボンは候補になることだろう。

Read more: 【7/31大会】ONE: NO SURRENDER – ロッタンがペッダムに勝利