特集

【1/31大会】フィリピン女性格闘家の道を拓くジナ・イニオン

2020年1月30日

ジナ・イニオン(フィリピン)は、フィリピンの名門ジム「チーム・ラカイ」で唯一のONEチャンピオンシップの女性選手だ。だが、他のフィリピン女性たちのONEへの道を拓いたことを誇りに思っている。

1月31日(金)にフィリピン・マニラで開かれる「 ONE: FIRE & FURY 」でアシャ・ロカ(インド)と対戦する。元々は、フィリピン女性のロールモデルになるなどと考えていなかったものの、アトム級のトップ選手の1人になり、自分の足跡をたどる女性たちが現れることを望んでいる。

30歳のイニオンは、6回ウーシューの国内チャンピオンになった実績がある。イニオンが総合格闘技を始めたのは全くの偶然。バギオ市での現在のジムに入った時のことだった。

最初にトレーニングを始めた時は、総合格闘技は女性向けではないと考えていた両親はあまり乗り気ではなかった。

その考え方には全くの的外れでもなかった。イニオンは、6人の姉妹に3人の兄弟という女性が多数派の環境で育ったが、「チーム・ラカイ」では、少数派だからだ。だが、イニオンは選手として成長を遂げ、両親は娘の才能を目にして、意見を変えた。

「難しい立場だなんて全然思わない」と、イニオンは語る。

「いつもサポートしてくれる素晴らしいチームに恵まれた。けれど、もっと女性が総合格闘技を始めることを望んでいる」

「ここでトレーニングをして、成長して、ブレイクできたことをとても幸運だし、誇りに思っている」

「最初から(男性のチームメイトは)とても協力的だった」



実のところ、チーム内での女性のトレーニング・パートナーの少なさは、今やONE女子アトム級でのトップ選手となったイニオンの成長の秘訣だ。

「トレーニングでは、時々男性とスパーリングするから、自分より強い相手との対戦に慣れた」と、イニオンは語る。現在のトレーニング・パートナーは「チーム・ラカイ」のエストラーダ・ドンアスと、エディベルト・コキアJr.だという。

「コーチ・マーク(サンジャオ)は実践よりもトレーニングできつい思いをした方ががいいといつも言う。だから、それに慣れろと言われている」

「チーム・ラカイ」の指導者のサンジャオは、イニオンのヘッドコーチで、彼女のONEでの台頭の立役者だ。

Gina Iniong and coach Mark Sangiao

サンジャオは最初は、イニオンが家族にいい暮らしをさせようと警察官になるために奨学金を得て通ったコルディリェーラ大学でウーシューのコーチだった。

だが、サンジャオはイニオンの才能を見抜き、家族を支えるという目的を達成させるため、新しい競技を進めた。イニオンは2010年2月に地元の大会でデビューし、第1ラウンドで一本勝ちを決めて、そのままトップアスリートへの階段を駆け上った。

ずっと順調だった訳ではないが、総合格闘技が今ほど人気がなかった時、同年代の選手が次々とリングを去るのを目にしても、イニオンは競技を続けた。

それを可能にしたのは指導のおかげ、とイニオンは言う。

「総合格闘技が好きな女性はたくさんいるけれども、鍛えてくれるいいコーチやジムを見つけられなくて、道が開けないのだと思う」

イニオンの努力は、2017年にONEと契約したことで報われ、パワフルな打撃、アグレッシブなグラップリング(組み技)と、どんな強敵にも向かっていく強さで、あっという間に人気の選手となった。

いつかは同じジムの男性たちと同じような成功を遂げる女性総合格闘家の先頭に立つかもしれない。

「今は、自分の後に続く選手たちを育てている」

「総合格闘技を始める時に、確実に十分なスキルを身につけているかどうかが大切だ。まだ比較的若い選手もいる。彼らは夢を追って、本当にやりたいことをやるべきだ。総合格闘技では、正しいトレーニングと、程よい自信、そして神への信仰という見返りがある」

マニラ|1月31日 (金) |ONE:FIRE&FURY|公式アプリで生中継(無料)|日本公式Twitter日本公式Instagram

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。