キックボクシング

【4/8大会】リードカードに変更、チンギス・アラゾフが登場!

2021年4月7日

ONEチャンピオンシップの試合が北米のテレビのゴールデン・タイムで放映される瞬間まであと少し。しかし4月8日(木)の「ONE on TNT I」を前に、リードカードに変更が加えられた。

MMA heavyweight stars “Reug Reug” Oumar Kane and Alain Ngalani fight at ONE: UNBREAKABLE II

ゼネガルのレスリングのスターオマール・ケインとヨーロッパのキックボクシング界のスター、パトリック・シミッド(スイス)がリードカードの第1試合に登場することになった。

ケインは当初、イランのレスリング・チャンピオンメフディー・バルギと総合格闘技マッチで、一方のシミッドはラーデ・オパチッチ(セルビア)とONEスーパーシリーズのキックボクシングで対戦する予定だった。

だが、バルギとオパチッチは、健康と安全の規則遵守のために、リードカードから外された。

結果として、シミッドはギアを切り替え、「ONE on TNT I」のオープニングバウトで上昇中のケインとの対戦に臨むことになった。

Two-time K-1 World Champion Chingiz Allazov joins ONE Championship

キックボクシングファンは、オパチッチ対シミッド戦が無くなり、がっかりしたかもしれないが、代わりに世界最高のフェザー級のキックボクサー同士のマッチアップが用意された。

1月にONEと契約したばかりの2度のK-1世界チャンピオンに輝いたチンギス・アラゾフエンリコ・ケール(ドイツ)を相手に待望のデビュー戦を迎える。

アラゾフは、56勝4敗1分という驚異的なプロ戦績の持ち主。今回の試合では、通算35度のノックアウト勝利と、格闘技界で最も層の厚いONEスーパーシリーズのキックボクシングのフェザー級ランキング入りを目指す。

そのためには、K-1 WORLD MAXトーナメントのチャンピオンであるケールに勝たねばならない。ケールのプロ戦績は50勝15敗2分。ファンを楽しませてくれる危険なアスリートだ。

「ONE on TNT I」の最終ラインナップは以下の通り。日本時間4月8日のライブ中継をお楽しみに!

German kickboxer Enriko Kehl flexes hard following his win over Armen Petrosyan

「ONE on TNT I」メインカード

  • (現王者) アドリアーノ・モラエス vs. デメトリアス・ジョンソン (ONEフライ級世界タイトルマッチ)
  • エディー・アルバレス vs. ユーリ・ラピクス (総合格闘技 – ライト級)
  • ロッタン・ジットムアンノン vs. ダニエル・ウィリアムス (ムエタイ – キャッチウェイト61.5 キログラム)

「ONE on TNT I」リードカード

  • タイラー・マグワイア vs. レイモンド・マゴメダリエフ (総合格闘技 – ウェルター級)
  • チンギス・アラゾフ vs.エンリコ・ケール (キックボクシング – フェザー級)
  • オマール・ケイン vs. パトリック・シミッド (総合格闘技 – ヘビー級)

Read more: 【4/8大会】ONEアスリートが勝敗予想!モラエス対DJ

もっと見る

Stay in the know

Take ONE Championship wherever you go! Sign up now to gain access to latest news, unlock special offers and get first access to the best seats to our live events.