ニュース

マーカス・アルメイダがONEと正式契約

2020年8月5日

ONEチャンピオンシップのヘビュー級ランキングの層がまた厚みを増した。

現代のグラップリング界の生ける伝説、マーカス・アルメイダが7月30日、正式にONEと契約した。

チャトリ・シットヨートン会長兼グループCEOが自身のSNSで発表した。

NEWS ALERT: Please join me in welcoming 13x Brazilian Jiu-Jitsu Black Belt World Champion Marcus Almeida Buchecha to ONE…

Posted by Chatri Sityodtong on Thursday, July 30, 2020

アルメイダは30歳で、ブラジル・サンパウロ出身。ブラジリアン柔術世界チャンピオンに13度なった。うち6度はアブソルート級(無差別級)での快挙であり、これは元ONEライトヘビー級世界チャンピオンのホジャー・グレイシー(ブラジル)よりも3度多い。

そして、アルメイダは今、総合格闘技の世界でも同じく輝かしい戦歴を築こうとしている。

ONEデビューは2021年になる見込みで、シンガポールのメガジム「Evolve MMA」でトレーニングをする予定だ。

ONEでは、アルメイダはアルジャン・ブラー(インド)や、マウロ・チリリ(イタリア)、アライン・ンガラニ(香港)、最近ONEと契約したばかりのブラジリアン柔術のレジェンド、米国のトム・デブラス、ONEヘビー級世界チャンピオンのブランドン・ベラ(フィリピン)らがひしめく階級に加わることになる。

今後も最新情報は、ONE公式ホームページで発表する予定。

Read more: 【7/31大会】ONE: NO SURRENDERのハイライト