【10/7大会】手塚裕之 vs. ジン・テホ、ウェルター級MMAマッチが追加

Hiroyuki Tetsuka Edson Marques ONLY THE BRAVE 1920X1280 25

10月7日(土)、タイ・バンコクのルンピニー・スタジアムでおこなわれる「ONE Fight Night 15: Le vs. Freymanov」に手塚裕之ジン・テホ(韓国)というエキサイティングなウェルター級MMAマッチが追加された。

https://www.instagram.com/p/Cx45p5gy-UG/?utm_source=ig_web_copy_link&igshid=MzRlODBiNWFlZA==

手塚は現在ONEで2連勝としており、ここでもう1勝できれば、階級の頂点も近づくことだろう。

直近2戦ではパワフルなパンチを駆使してアギラン・ターニ(マレーシア)とエドソン・マルケス(ブラジル)をフィニッシュし、ONE戦績を3勝1敗としている。過去8戦では7勝としており、唯一の黒星は無敗のムラド・ラマザノフ(ロシア)と接戦の末の判定で付けられたもののみだ。

ここで印象的な勝利を挙げることができれば、ウェルター級MMAで盛大なアピールをすることができるだろう。

対するジンはプロ17戦でKO負けを喫したことがない。

韓国で活躍した後、昨年4月ターニに第1ラウンドで一本勝ち。6連勝とし、ONEデビューを飾った。

その後昨年7月のONE2戦目でヴァミール・ダ・シウバ(ブラジル)に黒星を付けられたため、現在は正念場を迎えている。

数多くの危険なコンテンダーがトップの座を狙うこの階級の上位を目指すには、復調しなければならないとわかっているに違いない。

現ONEウェルター級MMA世界チャンピオンのクリスチャン・リー(シンガポール / 米国)が2024年の復帰を目指す一方、ラマザノフやゼバスチャン・カデスタム(スウェーデン)やロベルト・ソルディッチ (クロアチア)らはタイトル奪取を狙っており、ベルトをめぐる争いは激化している。

手塚とジン・テホは、こうした階級の選手やマッチメーカーの印象に残るフィニッシュを狙いに行くことだろう。

ニュースをもっと見る

Tagir Khalilov Yodlekpet Or Atchariya ONE Friday Fights 41 22 scaled
TawanchaiPKSaenchai SmokinJoNattawut 1920X1280
Kongchai AkramHamidi 1920X1280
Itsuki Hirata Ayaka Miura ONE 165 11 scaled
Liam Harrison Muangthai ONE156 1920X1280 31
Linda Darrow Victoria Souza ONE Fight Night 7 1920X1280 41
MasaakiNoiri Champ 1200X800
OFF65 main event
Tawanchai PK Saenchai Jo Nattawut ONE Fight Night 15 14 scaled
Superlek Kiatmoo9 Rodtang Jitmuangnon ONE Friday Fights 34 55
Katsuki Kitano Halil Kutukcu ONE Friday Fights 38 27
Kade Ruotolo Francisco Lo ONE Fight Night 21 57