【10/7大会】ムスメシとのグラップリング戦「今の青木真也をぶつけるだけ」

Shinya Aoki Kade Ruotolo ONE157 1920X1280 51

青木真也は主に総合格闘技で伝説的なキャリアを築き上げたが、世界最高峰のサブミッション・グラップラーとの対戦も厭うことはない。

すでにONEでは、ケイド・ルオトロ(米国)やゲイリー・トノン(米国)と対決したことがある。そして10月7日(土)の 「ONE Fight Night 15: Le vs. Freymanov」でも、ブラジリアン柔術界のスーパースターのマイキー・ムスメシ(米国)とサブミッション・グラップリングで対戦する。

https://www.instagram.com/p/CwBubp4IFC-/?utm_source=ig_embed&ig_rid=adc80416-92ec-4054-84fe-972371411ca8

ムスメシはONEフライ級サブミッション・グラップリング世界チャンピオンだが、今回の試合は無差別級で行われる。

タイ・バンコクのルンピニー・スタジアムである試合を前に、青木はONE編集部にこう話している。

「10月7日はマイキー・ムスメシ戦だが、本当にタイのリング上で会うのを楽しみにしている」

「お互いにいい10分間にできたらと思っている」

青木はブラジリアン柔術と柔道の黒帯で、アグレッシブな寝技などを駆使してMMAの世界タイトルを獲得した。

しかし、ムスメシという真のグラウンドのスペシャリストと対戦する場合はどうなるのだろうか。

青木はこう説明している。

「僕のグラップリングのスタイルはMMAに特化したスタイルなので、今のグラップリングのスタイルとは一線を画したものだと思う」

「MMAとサブミッション・グラップリングの違いは、MMAは打撃があるので殴られてしまうという点。なので、(MMAでは)殴られないようなポジションを取るけれども、グラップリングは打撃が無いので、MMAには無いようなポジションがある」

「お互いにファイトをする試合に」

青木真也は、マイキー・ムスメシが多彩な技を持っていることを知っている。

実際、ムスメシはスイープやサブミッションやポジションなどを開発してきた。これらの技のなかには、ガードポジションから繰り出されるものもある。一方、MMAでは通常トップポジションが有利とされる。

さらに、青木はONEのグラップリングルールがムスメシに有利だとも考えているようだ。

「(ムスメシの)長所は柔らかくて下から多彩に攻められる点だ」

「ONEのルールはマイキーに適したルールだと思っている。いきなり寝て引き込んで下から攻めてもあまりマイナスが付かない。その意味では引き込んでしっかりと寝技ができる、というマイキー向けのルールだと思っている」

サブミッション・グラップリングというムスメシの得意分野での対戦。だが、青木は着実に自身のゲームプランを実行するつもりのようだ。

青木はこうコメントした。

「今回の試合では、心理戦や小手先の対策はあまりない。ちゃんとリング上でパンツ一枚で今の青木真也をぶつけるだけ。小細工してやろう、とかいう意志はない」

「今回の試合は、グラップリングのなかではお互いにわりとファイトをする試合になると思う」

サブミッション・グラップリングをもっと見る

Mayssa Bastos Kanae Yamada ONE Fight Night 20 8
Danielle Kelly Jessa Khan ONE Fight Night 14 62 scaled
Mayssa Bastos Kanae Yamada ONE Fight Night 20 25
OkRaeYoon AlibegRasulov 1920X1280 1200x800
JozefChen 1200X800
Ok Rae Yoon Lowen Tynanes ONE Fight Night 10 68
TawanchaiPKSaenchai SmokinJoNattawut 1920X1280
Tawanchai PK Saenchai Superbon Singha Mawynn ONE Friday Fights 46 48 scaled
ParhamGheirati JordanGodtfredsen
SmillaSundell NataliaDiachkova Faceoff 1920X1280
Bianca Basilio Tammi Musumeci ONE Fight Night 8 12
Smilla Sundell Allycia Hellen Rodrigues ONE Fight Night 14 55 scaled