ムエタイ

【6/11大会】打撃の天才エリアス・マムーディの秘密

2021年6月7日

フライ級ムエタイ4位コンテンダーのエリアス・マムーディ(アルジェリア)は、間違いなくONEチャンピオンシップの中でも最もエキサイティングなストライカーの1人であり、世界的な舞台で見事なパフォーマンスを披露し続けている。

6月11日(金)の「ONE: FULL BLAST II」で配信されるメインイベントでは、モンコルペット・ペッティンディーアカデミー (タイ)と対戦。勝てば、現王者のロッタン・ジットムアンノン(タイ)とのタイトルマッチの機会も訪れるかもしれない。

金曜日に配信されるイベントを前に、この記事では23歳のマムーディがどのようにしてここまでたどり着いたか、そしてONEのケージ「サークル」の外での横顔などを紹介する。

#1 格闘家家族

マムーディの父と叔父は、生涯にわたって格闘技を続けており、1984年にはトレーニングセンター「マムーディ・ジム」を開設した。

そのため、パリ生まれの若きマムーディが格闘技を始めるのは必然であり、文字通り格闘技に囲まれて育ったのだ。

「父と叔父が自分に格闘技を教えてくれた。家族の伝統なんだ」と、マムーディは話している。

「歩けるようになるとすぐにジムに通い始めた。幼い頃から、格闘技を見て、格闘技とともに生きてきた。子供の頃からそんな環境にいたんだ」

#2 11歳でタイでプロ初KO勝利

マムーディは、11歳という若さでこの競技が生まれた国を訪れ、本格的なファイトキャンプに参加するほど、ムエタイに真剣に取り組んでいた。

叔父のノルディーンに連れられ、タイのパタヤにある有名な「シットヨートン」のキャンプでトレーニングを行った。

そこで1日6時間のトレーニングをこなし、同年、プロのムエタイ選手として初めて試合に出場したのだ。

トレーニングの成果は明らかで、マムーディは第2ラウンドでフライング・ニーでノックアウト勝利を収めた。その過程で、“スナイパー”というニックネームを授かったという。



#3 輝かしいチャンピオン

ONEスーパーシリーズのベルトを追い求めているマムーディだが、実はすでに数々のトロフィーを獲得している。

マムーディは、フランスのナショナルタイトルや、権威あるIFMAムエタイ世界選手権での金メダルなど、アマチュアで輝かしい実績を築き上げた。

プロでは、WBC、WMF、WPMF、MTGPのタイトルを持ち、中国、日本、イタリア、スイスなどで活躍してきた。

#4 モデル活動も

戦いのために傷跡が残ってしまうファイターもいるが、マムーディはその若々しい外見を綺麗なまま保っている。

実は、マムーディは、トレーニング以外の時間は、カメラの前でモデルとして活躍しているのだ。

もちろん「サークル」の中での栄光を追い求めているため、煌びやかな写真撮影はあくまでおまけの活動だが。

#5 息抜きは川辺で釣り

アスリートの生活は肉体的にも精神的にも厳しいものだが、マムーディは息抜きも忘れない。

実は若い頃から魚釣りが好きだったというマムーディは、息抜きしたい時は釣竿を持って川辺に向かう。

釣果を見る限り、マムーディは「サークル」の中と同様、獲物を捕まえるのが得意なようだ。

Read more:【6/11大会】ONE: FULL BLAST II 観戦ガイド

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。