プレスリリース

[大会結果] 2020.2.7ジャカルタ大会『ONE:WARRIOR’S CODE』ペットモラコットが初代王者! 日本勢が全勝!平田と内藤がONE3連勝!松嶋は再起戦でTKO勝利!

2020年2月10日

ONEチャンピオンシップは2月7日(金)、インドネシア・ジャカルタのイストラ・スナヤンにて『ONE:WARRIOR’S CODE』を開催した。

メインイベントでは、新設されたフェザー級ムエタイ世界タイトルマッチが行われ、ペットモラコット・ペッティンディーアカデミーが、ポンシリ・PKセンチャイムエタイジムを判定3―0で下し、初代王者に輝いた。

日本勢は3戦全勝の快進撃。内藤大樹は強豪サバス・マイケル・ペッティンディーアカデミーから2度のダウンを奪い、判定3-0の勝利。ONE参戦3連連勝。『格闘代理戦争』3rdシーズン優勝者の平田樹はナイリン・クローリーを3RTKOで快勝、総合格闘技6戦全勝、ONE3戦全勝を達成した。昨年8月の王者マーティン・ニューイェンとの世界タイトルマッチ以来の復帰戦となった松嶋こよみは、韓国の強豪キム・ジェウォンを3RTKOで下し、完全復活をアピールした。

そのほか、チームペトロシアン所属のユーリ・ラピクスが、強豪マラット・ガフロフに1Rバックチョークで一本勝ち。総合格闘技では無敗の14連勝を飾り、ライト級タイトル戦線に大きく浮上した。ミドル級世界タイトルマッチの挑戦権を賭けたライニアー・デ・リダーvsレアンドロ・アタイデスは、“無敗”のデ・リダーが勝利した。

【試合結果】
<メインカード>
【メインイベント】フェザー級ムエタイ世界タイトルマッチ
○ペットモラコット・ペッティンディーアカデミー
vs
×ポンシリ・PKセンチャイムエタイジム
(判定3―0)
※ペットモラコットが初代フェザー級ムエタイ世界王者に。

【第10試合】ミドル級
×レアンドロ・アタイデス
vs
○ライニアー・デ・リダー
(判定3―0)

【第9試合】ライト級
○ユーリ・ラピクス
vs
×マラット・ガフロフ
(1R1分7秒/一本勝ち)

【第8試合】フライ級
○エコ・ロニ・サプトラ
vs
×コン・シチャン
(1R3分45秒/一本勝ち)

【第7試合】フェザー級
×キム・ジェウォン
vs
○松嶋 こよみ
(3R0分24秒/TKO)

<リードカード>
【第6試合】キャッチウェイト(53.4kg)
×ナイリン・クローリー
vs
○平田 樹
(3R3分27秒/TKO)

【第5試合】キャッチウェイト(68.0kg)
○スノト
vs
×ヌラル・フィクリ
(判定3―0)

【第4試合】フライ級
○アブロ・フェルナンデス
vs
×アフマド・エコ・プリアンドノ
(判定3―0)

【第3試合】フライ級ムエタイ
×サバス・マイケル ・ペッティンディーアカデミー
vs
○内藤 大樹
(判定3―0)

【第2試合】ストロー級ムエタイ
×アンディ・ハウソン
vs
○ジョシュ・トナー
(2R2分39秒/KO)

【第1試合】フライ級
×エギ・ロズデン
vs
○ファジャー
(1R2分39秒/TKO)

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。