【6/3大会】ONE 158、ブルックスがストロー級王者パシオに挑戦

220603 SG web 1800x1200px

ジャレッド・ブルックス(米国)は、ついに悲願を叶えるチャンスを得た。

6月3日(金)にシンガポール・インドア・スタジアムから生中継される「ONE 158」のメインイベントで、ONEストロー級世界チャンピオンのジョシュア・パシオ(フィリピン)に挑戦することになった。

ブルックスは米インディアナ州出身の29歳。昨年11月のONEチャンピオンシップデビュー戦で、パシオのチームメイトである「チームラカイ」のリト・アディワン(フィリピン)を下し、ストロー級の頂点に君臨するパシオに対戦を呼びかけるようになった。

1月には3位コンテンダーの箕輪ひろばを圧倒し、先月は1位のボカン・マスンヤネ(南アフリカ)を第1ラウンドで締め落とした。

マスンヤネ戦での勝利により、ブルックスは戦績を19勝2敗(1無効試合)とし、1位コンテンダーに。パシオの有するONEストロー級世界タイトルに挑戦する権利を手にした。

この試合後、ONEチャンピオンシップで解説を務めるミッチ・チルソンとのインタビューではこう話している。

「ジョシュア・パシオ、やろうぜ。そのベルトを米国に持ち帰ってやる。約束だ」

パシオ、王者の威厳「思い知らせる」

ブルックスは、ストロー級の一級のアスリートを猛スピードで一掃しつつあるが、パシオだって負けてはいない。

26歳のパシオはONEストロー級世界チャンピオンに5度なっており、戦績20勝3敗、フィニッシュ率は85%。

直近では、ラバーマッチとなった世界タイトルマッチで、旧知のライバルの猿田洋祐を第1ラウンドでノックアウトし、防衛に成功。

この勝利で4連勝としたパシオは以来、次なる挑戦者を今かと待ちわびていた。

そこで浮上したのがブルックスだ。ブルックスは1月の箕輪戦の後では「パパがやって来たぞ! ジョシュア・パシオ。首を洗って待ってろよ」と、挑発していた。

パシオはこのコメントはもちろん、すべてのブルックスの挑戦的な発言を忘れていない。最近では、こう簡潔に返答をしている。

「ブルックス、誰が地上最強のストロー級選手か、そして誰が本当のパパか思い知らせてやる。何度も対戦を呼びかけていたのは知っているさ。心配するな、すぐに会おうぜ」

6月3日の「ONE 158」に関する最新情報は、今後もONE公式ホームページでお届けする。

ニュースをもっと見る

Stamp Fairtex Ham Seo Hee ONE Fight Night 14 112 scaled
Yodphupa SonerSen Faceoff 1920X1280
Jacob Smith Denis Puric ONE Fight Night 21 24
Denice Zamboanga Julie Mezabarba ONE Fight Night 9 3
Mongkolkaew ET 1920X1280
Noiri vs Sitthichai 1200X800
SmillaSundell NataliaDiachkova Faceoff 1920X1280
Petsukumvit Duangsompong
Capitan Petchyindee Hiroki Akimoto ONE X 1920X1280 59
Kairat Akhmetov Reece McLaren ONE Fight Night 10 67
Bianca Basilio Tammi Musumeci ONE Fight Night 8 12
Eko Roni Saputra Hu Yong ONE Fight Night 15 28 scaled