特集

【2/5大会】ONE: UNBREAKABLE III のハイライト

2021年2月7日

ONEチャンピオンシップは、2021年の熱いスタートの勢いをそのままに2月5日(金)、「ONE: UNBREAKABLE III」(シンガポール・インドア・スタジアムで事前収録)をお届けした。

総合格闘技6試合のうち5試合がフィニッシュ勝利で決まり、判定となった1試合は手に汗を握るバンタム級マッチだった。

多くの輝かしいパフォーマンスがあった大会だが、この記事では最も印象に残った瞬間を振り返る。

#1 バンタム級の新星が台頭

MMA fighters Shoko Sato and Fabricio Andrade compete at ONE: UNBREAKABLE III on 5 February 2021

コーメインイベントでは、バンタム級2位コンテンダーの佐藤将光と23歳のファブリシオ・アンドラージ(ブラジル)がフルラウンドの戦いを繰り広げた。

佐藤は現王者のビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)への挑戦まであと少しという位置につけており、第1ラウンドから驚異的な寝技のスキルを披露したが、アンドラージのディフェンスは光っていた。両者はワイルドな打ち合いでラウンドを締めくくった。

第2ラウンドでは、佐藤は見事なアッパーを放ったが、アンドラージの連打は優勢だった。アンドラージはラウンドを通じて佐藤のテイクダウンを封じながら、確かなペースを保った。

最終ラウンド、両者はONEのケージ「サークル」で全力を出し尽くした。

アンドラージがコンビネーションを決め、アグレッシブな姿勢を見せ、試合終了間際まで両者はスクランブルでもみ合った。

接戦の末、アンドラージが勝利を収め、バンタム級のトップ戦線に強烈なアピールを果たした。

#2 窮地でも諦めなかったカン

MMA fighters Mehdi Barghi and Kang Ji Won meet at ONE: UNBREAKABLE III on 5 February 2021

カン・ジウォン(韓国)は、メフディー・バルギ(イラン)を相手に第1ラウンド4分50秒、TKO勝利を挙げた。

バルギは最初の1分でテイクダウンを奪い、自身が得意とする展開に持ち込もうとした。そこから、バルギはグラウンド・アンド・パウンドを食らわせ、マウントポジションを奪った。この時点で、劣勢のカンはすぐに負けてしまうかのように思われた。

だが、カンは脱出に成功し、スタンドに戻るが、その直後2度目のテイクダウンを食らってしまった。

しかしカンは再び脱出に成功し、トップコントロールを奪った。

カンはすぐにマウントをとり、バルギに強烈なヒジを落とした。背中を向けたバルギに、カンはレフエリーが止めるまでパンチを連打したのだった。

#3 ムジタバの56秒ノックアウト

アフメド・ムジタバ(パキスタン)は、ラウル・ラジュ(インド)を第1ラウンド56秒でノックアウトした。

ムジタバはカウンターを狙って、ラジュを前進させた。

試合開始1分足らず、右のオーバーハンドを放った際にガードが低くなっていたラジュに対し、ムジタバは踏み込んで右パンチを命中させた。コンパクトなパンチは、クリーンに決まった。対戦相手が弧を描くようなパンチを放ってきたら、タイトに対応する、という教科書通りの試合だった。

Read more: 【2/5大会】ONE: UNBREAKABLE III – 試合結果

Stay in the know

Take ONE Championship wherever you go! Sign up now to gain access to latest news, unlock special offers and get first access to the best seats to our live events.