特集

連勝目指す新星ゴンザレス「その日暮らし」を変えた格闘技

2019年8月14日

ラモン・ゴンザレスは、これまでのONEチャンピオンシップのストロー級で、記憶に残る見事な連勝記録を着々と積み上げている。

フィリピンの極真空手チャンピオンであるゴンザレスは、ONE参戦後の最初の2試合での敗北を取り戻すかのように、3試合連続で勝利を収めてきた。その中には、4月の、藤沢彰博を79秒でサブミッションに追い込んだ鮮やかな勝利も含まれる。

8月16日(金)の「ONE: DREAMS OF GOLDでのハシガトゥ(中国)との対戦は、連勝記録を更新するチャンスとなる。4連勝達成に向けて、ゴンザレスは自信満々だ。

Filipino superstar Ramon Gonzales kicks off ONE: ROOTS OF HONOR by submitting Akihiro Fujisawa via guillotine choke at 1:19 of Round 1!

Filipino superstar Ramon Gonzales kicks off ONE: ROOTS OF HONOR by submitting Akihiro Fujisawa via guillotine choke at 1:19 of Round 1!Watch the full event on the ONE Super App 👉 http://bit.ly/ONESuperApp | TV: Check local listings for global broadcast

Posted by ONE Championship on Friday, April 12, 2019

「この新しい機会を得られてとても嬉しい。試合に出られる度にワクワクするし、謙虚な気持ちになる」と、ゴンザレスは語る。

「トレーニングは、うまくいっている。極真チームの仲間が日々サポートしてくれて、打撃や寝技のテクニックを磨いているんだ。毎日、ベストな状態で試合に向けての準備を進めている」

「連勝することは、自信を与えてくれる。でもそれ以上に、人としてもっと成長したいと思わせてくれるし、自分が持っているものへの感謝を感じさせてくれるんだ」

中国のハシガトゥもまた、前試合での勝利を掲げ、このタイ、バンコクで行われる大会に臨む。5月の「ONE:WARRIORS OF LIGHT」では、パキスタンのオエス・シャー相手に3ラウンドを通して粘り強い戦いを見せ、白星を挙げた。

それでも、ゴンザレスはハシガトゥを攻略し、勝者となる自信を見せる。

「粘り強さ、揺るがない意志、集中力。ハシガトゥを倒すのに必要なのはそれだけだ」と、彼は言う。

「自分のことを信じてくれる人がたくさんいる。あとは、自分で自分を信じられるかだ」

Can Filipino 🇵🇭 warrior Ramon Gonzales tame the "Wolf of the Grasslands" Hexigetu on 16 August?

Can Filipino 🇵🇭 warrior Ramon Gonzales tame the "Wolf of the Grasslands" Hexigetu on 16 August?🗓: Bangkok | 16 August | 5:30PM | ONE: DREAMS OF GOLD🎟: Get your tickets at 👉 http://bit.ly/onegold19📺: Check local listings for global TV broadcast📱: Watch on the ONE Super App 👉 http://bit.ly/ONESuperApp 👨‍💻: Prelims LIVE on Facebook | Prelims + 2 Main-Card bouts LIVE on Twitter

Posted by ONE Championship on Tuesday, August 6, 2019

32歳のゴンザレスが心から前向きな気持ちでいられるのは、ここ最近の成功によるものだ。彼の人生は、プライベートでも経済的にも大きく好転した。

ONEチャンピオンシップに所属する前のゴンザレスは、家族を養うために必死で生きていた。様々な場所でいくつもの仕事をしたが、安定した生活は得られなかった。

「経済面では本当に助けられたよ。漁師から警備員まで、いろいろな仕事をしてきたが、今の自分があるのは格闘技のおかげだ」

「今では家族を援助することもできるし、日々、安定した暮らしができる。だからこそ、揺るがない思いを持って戦いに挑めるのだと思う」

「(ONEに参戦したことで)自分が手にするすべての恵みに、それが些細なことであっても感謝できるようになった。誰もが、ONEの選手になるチャンスを与えられるわけじゃないとわかっているから」

総合格闘技の選手としてのキャリアによって多くを手にしたゴンザレスは、その恩を返すために、格闘技コミュニティーの若手の育成に貢献していきたいと強く思っている。

Ramon Gonzales kicks off ONE: KINGDOM OF HEROES with a slick rear-naked choke that put Dodi Mardian to sleep at 3:33 of Round 1!

Ramon Gonzales kicks off ONE: KINGDOM OF HEROES with a slick rear-naked choke that put Dodi Mardian to sleep at 3:33 of Round 1!Watch the full event LIVE & FREE on the ONE Super App 👉 http://bit.ly/ONESuperApp | TV: Check local listings for global broadcast

Posted by ONE Championship on Saturday, October 6, 2018

ゴンザレスはかつて極真ファイトアカデミーの「Uchideshi(内弟子)」として、熱心なコーチ陣によって格闘技選手へと育てられた。

現在では、彼自身が若手の選手たちをトレーニングする立場となっている。彼らが自分の後に続き、プロの格闘家として成功してくれることがゴンザレスの願いだ。

「内弟子のトレーニングを任されている。トレーニングだけでなく、競技への思いと情熱を持った格闘家になるように、励まし、インスピレーションを与えていきたい」

競技への思いと情熱があったからこそ、マニラ出身のゴンザレスは、ONE参戦当初の苦難を乗り越え、ストロー級の期待の新星へと成長を遂げた。

試合に敗れても、彼は夢を諦めなかった。トレーニングを続け、技術を磨き、次の機会のために準備をし続けた。

コーチ陣やトレーニングパートナー、周囲の人々のサポートにより、成功への道を邁進してきたゴンザレスだが、そこにたどり着くためには、まず、諦めずに夢を追い続ける強さを自らの内に見つける必要があったのだ。

Ramon Gonzales defeats Akihiro Fujisawa by guillotine choke at ONE: ROOTS OF HONOR

「(試合に負けたことで)より規律を大切にするようになった。自分以外は誰も自分を助けてはくれないし、やる気を出させることもできないと学んだ」と、彼は言う。

「他の国にいた時、たった一人でトレーニングをすることも試してみたが、とても学ぶことが多かった。人生はいつも多くを教えてくれる。だから、決して学ぶことをやめない方がいい」

「(つらい時期を通して)自分を本当に信じてくれている人たちが誰なのか、わかった。彼らの存在には本当に感謝している。あの時も、今もだ」

バンコク | 8月16日 (金) | 19時半(日本時間) | 中継:ONEチャンピオンシップ公式アプリで生中継(無料)