プレスリリース

[大会結果] 2020.2.28シンガポール大会『ONE:KING OF THE JUNGLE』女王スタンプが防衛失敗! 日米ハーフのトッドが新王者に!サムエーが同時2冠制覇! 秋山と江藤がONE初V!三浦はTKO負け!山口も悔しい敗北!

2020年3月2日

ONEチャンピオンシップは2月28日(金)、シンガポールのシンガポール・インドアスタジアムにて『ONE:KING OF THE JUNGLE』を開催した。

 

メインでは、立ち技女王のスタンプ・フェアテックスが登場。アトム級キックボクシング世界タイトルマッチで、最強の挑戦者のジャネット・トッドと接戦の末、判定2―1で敗れた。日本人の母親を持つ米国人のトッドが新王者に。

 

コーメインでは、新設されたストロー級ムエタイ世界タイトルマッチが行われ、ムエタイ界の“リビングレジェンド”サムエー・ガイヤーンハーダオが、豪州のロッキー・オグデンに判定勝利。同級のキックボクシング部門に続き、同時2冠制覇を達成した。

 

日本勢は、日本格闘技界のレジェンド、秋山成勲がシェリフ・モハメドをTKOで下し、ONE初勝利。OWS出身の江藤公洋は、地元期待のアミール・カーンから一本勝ちを奪い、ONE初白星を飾った。タイトル戦が目前と期待されていた山口芽生と三浦彩佳は共に敗れた。

 

 

【大会写真】

※使用いただく際には「(C)ONE Championship」を記載ください。※

https://bit.ly/onephotos

 

 

【試合結果】

 

<メインカード>

 

【メインイベント】アトム級キックボクシング世界タイトルマッチ

×スタンプ・フェアテックス(王者)

vs

○ジャネット・トッド(挑戦者)

(判定2―1)

※トッドが新王者に。

 

【コーメインイベント】ストロー級ムエタイ世界タイトルマッチ

○サムエー・ガイヤーンハーダオ

vs

×ロッキー・オグデン

(判定3―0)

※サムエーが初代ストロー級ムエタイ世界王者に。サムエーは同級キックボクシングと併せて2冠王者に。

 

【第9試合】ライト級

×アミール・カーン

vs

○江藤 公洋

(1R1分39秒/一本勝ち)

 

【第8試合】ウェルター級

○秋山 成勲

vs

×シェリフ・モハメド

(1R3分4秒/TKO)

 

【第7試合】ストロー級

○ティファニー・テオ

vs

×三浦 彩佳

(3R4分45秒/TKO)

 

<リードカード>

 

【第6試合】アトム級

×山口 芽生

vs

○デニス・ザンボアンガ

(判定3―0)

 

【第5試合】バンタム級

○トロイ・ウォーゼン

vs

×マーク・フェアテックス・アベラルド

(判定3―0)

 

【第4試合】フェザー級

×シャノン・ウィラチャイ

vs

○ホノリオ・バナリオ

(判定2―1)

 

【第3試合】アトム級

○リトゥ・フォガット

vs

×ウー・チャオチェン

(判定3―0)

 

【第2試合】ウェルター級

○ムラド・ラマザノフ

vs

×ペ・ミョンホ

(1R4分53秒/TKO)

 

【第1試合】バンタム級

×ラディーム・ラフマン

vs

○ジェフ・チャン

(2R2分00秒/一本勝ち)

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。