リー・ジノ

身長
163 CM
出身
韓国

紹介

韓国の安東市の出身で、首都ソウルを拠点とする人気モデルです。彼女は、ファッションモデルとしてキャリアを始め、世界的に有名な男性誌、マキシムのビキニコンテストを優勝して、知名度を世界へと広げました。その後、アジア各地の有名雑誌やモーターショーに出演しています。

今でこそ、華やかな人生を送っていますが、彼女の半生はもっともささやかなものでした。子供の頃、彼女は、二人の兄と農場で育ち、いつも父親と屋外で過ごしていました。その後は、安東大学で、会計学、法学、経済学を勉強する本の虫でした。

彼女を卒業し、シンハン銀行に就職した後、有名な韓国のモデルエージェンシーが彼女を発見し、その後、モデルとして働くことを決意しました。彼女は、見た目と個性の素晴らしい組み合わせを輝かせ、すぐに韓国の競争が激しいモデル業界を席巻し、短期間で多くの仕事に励みました。

この新しいライフスタイルにより、彼女はエンターテイメントの世界に導かれ、アジア最大の総合武道プロモーション「ONE Championship」のリングガールとなりました。2016年にONEにデビューし、今では、ONEを代表するモデルの一人です。現在、彼女はラウンドガール・リングガールとして、アジア中を飛び回っています。

彼女がもっとも尊敬する人は、彼女の母親です。つらいときも、家族を守るために、絶えず努力をする姿は、彼女にとって大きなインスピレーションでした。

彼女は、英語、中国語、母語の韓国語に堪能です。彼女は、ダンスやジムで体型を維持していますが、自由な時間には読書を楽しんでいます。彼女は、世界を見て、様々な文化の知識を広げたいと考えています。そして、ONE Championshipは、彼女にその機会を与えてくれたと信じています。