プレスリリース

《9.23修斗》ONE CENTURY出場選手が決意表明!日本トリの青木、「10月13日やってやろうじゃないか!」

2019年9月25日

923日、後楽園ホールで開催されたプロフェッショナル修斗に、1013日に両国国技館で開催される「ONE CENTURY世紀」に参戦する選手の修斗ライト級王者 松本光史、修斗バンタム級王者 佐藤将光、修斗ストロー級王者 猿田洋祐、岡見勇信、青木真也、ONE日本代表のアンディ秦がケージインし、大会への意気込みと熱い想いを語った。

ONEチャンピオンシップ日本支社社長 秦アンディ英之

『こんばんは。今年に入ってからONEチャンピオンシップと修斗は一緒にやらせて頂いています。当初から我々の純粋な思いとしては一緒になって格闘技界を盛り上げたいという一心できております。そういった意味では105日次世代の選手が戦うONEウォーリアーシリーズ、1013日修斗対抗戦。修斗の王者4名が戦います。我々が約束できるのは一つ一つの点、一つ一つの熱さを繋げて世界に発信して日本の格闘界の更なる発展に繋げていければと思います。どうぞよろしくお願い致します。』

修斗ライト級王者 松本光史

『こんばんは。先ほど撮影会をさせて頂いて、皆さんの修斗に対する思いをひしひしと感じています。何よりも坂本代表の負けるなよという圧が凄くて、対抗戦の第1試合目なので今凄いプレッシャーを感じてるんですけど、2年前も第1試合をやらせて貰って得意なので勝って後ろの3人にプレッシャーをかけたいと思います。修斗ファンの皆さんに喜んで貰えるような試合をして残り3週間しっかり仕上げますので見ていてください。宜しくお願いします。』

修斗バンタム級王者 佐藤将光

『修斗バンタム級チャンピオン佐藤将光です。今日も観戦していて素晴らしい興行だなと思ってみさせて貰っていて、その修斗を代表して対抗戦という形でパンクラスと戦います。この素晴らしい団体を背負って代表として戦いますので1013日は良ければ会場に来て熱い応援をお願いします。』

修斗ストロー級王者 猿田洋祐

『修斗世界ストロー級チャンピオンの猿田洋祐です。現チャンピオンとして修斗の代表としてこのベルトを巻いてきた歴代チャンピオンだったりこのベルトを狙ってる選手、修斗ファンの皆さん全ての思いを背負って必ず勝ちます。応援してください。宜しくお願いします。』

岡見勇信

『こんばんは。岡見勇信です。自分がこうして修斗の舞台に上がって皆さんにお話しするというのが何だか不思議な気持ちです。自分は修斗に憧れていた部分もあるので中々ここに上がる縁がなかったのですが、こうしてONEチャンピオンシップと修斗が提携してこうやって話せる場所を作って頂けたことを凄く光栄に思います。ここ最近の自分は中々足掻いてます。中々上手くいかない。勝てない。でも諦めてません。今が自分の最高の時だと、一番強い時期だと信じてます。次の1013ONEチャンピオンシップ日本大会で自分のすべて。真っ向勝負で戦います。そして必ず勝って皆さんの期待に応えたいと思ってます。ONEチャンピオンシップこれからどんどん日本で大きく盛り上げていきます。選手一丸となって頑張っていきます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。』

青木真也

『本日はご来場いただきまして誠に有難うございます。笑ってんじゃねぇよ。(青木選手の声を聴いて)1013日両国大会、素人が作るリングじゃねぇんだよ。素人が作るリングじゃねぇんだよ。格闘技しかない。格闘技をやらなければ生きていけない人間が必死に物を作ろうと思ってます。1013日やってやろうじゃないか。その気持ちでやりますので応援をどうか宜しくお願いします。今日は有り難うございました。』