ニュース

【10/13大会】WGP優勝のクリスチャン・リー「次は米国でアルバレスと」

2019年10月18日

ONEライト級世界王者クリスチャン・リー(シンガポール)は、ザイード・フセイン・アサラナリエフ(トルコ)に勝利し「ONE:CENTURY 世紀」を彩る最も劇的なドラマを産み出した。

10月13日(日)に東京・両国国技館で行われた、ONEライト級世界グランプリ(WGP)決勝戦。リーはわずか2週間前に急きょ、エディ・アルバレス(米国)の代役として出場が決まったにもかかわらず、強豪アサラナリエフをユナニマス判定で下してベルトを手にしたのだった

たったこれだけの準備期間で、しかもアサラナリエフのような強敵を相手に試合に臨める選手はそう多くはないはずだ。だがリーはONEライト級のトップとして、参戦するのが自分の役目だと信じていた。

Christian Lee takes Saygid Guseyn Arslanaliev down at ONE CENTURY

「正直なところ、他に誰もいなかったから、自分がいくしかなかった」。リーは試合後にそう語った。

「この試合のオファーを受けてからずっと言っているんだ。自分はチャンピオンとして、いつでも戦う準備ができていないといけないって。そしてそれを証明して見せた。手強い相手と対戦し、3ラウンドを戦って勝利を手にした」

「この試合の準備に充てられたのは10日間だった。自分のゲームプランに加え、アサラナリエフのために急いで戦略を練り上げた。だけどカメラが捉えていたかもしれないが、試合の後に吐いてしまった。この戦いで全てを出し尽くしたんだよ」

「アサラナリエフはタフな相手だった。心から敬意を表したい」

アサラナリエフはWGP決勝戦に来るまでに、エブ・ティンとアミール・カーンをどちらも第1ラウンドでのノックアウトで撃破し、勢いに乗って東京にやってきた。だがリーは、格闘技へのその揺るぎない忠誠により、下馬評を覆して勝利を収めることができた。



リーは米・ハワイの総合格闘技ジム「United MMA」で、父ケン・リーの指導の下、姉のアンジェラ・リーと共にトレーニングを積む。常に完璧を求めて全力でトレーニングに打ち込んでいるため、急な参戦オファーにも応える準備ができていたのだ。

「自分のチームやジムでのトレーニングを100%信頼している」

「姉と自分は年がら年中ジムで過ごしている。たとえ試合が予定されていなくてもね。それが自分たちの生活なんだ」

「試合のためにもっと深く掘り下げる必要があったが、必要なものは既に自分の中に備わっている。これまで一生懸命トレーニングしてきたからこそ勝てた。毎日ジムでやってきたことだから」

リーは今、ONEライト級世界王者、ONEライト級WGPの2つのタイトルを持つ。ONEでの次の一手を決めるのは彼自身になるだろう。

Christian Lee hits Saygid Guseyn Arslanaliev with ground and pound

今回のイベントはONE史上初めて、米国テレビ局で生中継された。さらにONEは2020年に北米進出を検討しており、リーはその先鋒を担いたいと考えている。

リーが望むのは最も有名な選手たちとの対戦であり、最も厳しい試練だけだ。彼の視界の先にはあるスター選手がいる。北米最大級の格闘技団体を制覇した格闘家であり、リーの北米デビューにふさわしい相手だ。

「対戦したいライト級の選手はたくさんいる。でも米国テレビ局で初めてのライブ放送をやったから、次はニューヨークでアルバレスと戦えたら素晴らしい。ハワイでも構わない」

「米国でアルバレスと対戦するとなれば、ファンも楽しみにしてくれるだろう。ONEの米国進出の際には是非、自分も最初の一人として参戦したい。それが自分にとっての次の一戦になるかもしれない」