ニュース

【11/22大会】最強タイ選手激突、ノンオーが電撃4RKO

2019年11月23日

1122日(金)にシンガポールで開かれた「ONEEDGE OF GREATENESS」のメインイベントでは、ONEバンタム級ムエタイ世界タイトルを賭けて2人のタイ最強選手が激突した。勝利を手にしたのはシンガポールを拠点に活動する世界王者、33歳のノンオー・ガイヤーンハーダオ

タイの伝説的存在ノンオーは、挑戦者セーマペッチ・フェアテックスとの激闘を制し、第4ラウンドでノックアウト勝ちを決めたのだった。

???? BOUT OF THE NIGHT ????

???? BOUT OF THE NIGHT ????Nong-O Gaiyanghadao knocks out Saemapetch Fairtex with a MASSIVE right hand to remain the one and only ONE Bantamweight Muay Thai World Champion!????: How to watch ???? http://bit.ly/ONEEOGHTW????: Book your hotel ???? bit.ly/ONEhotelplanner????: Watch on the ONE Super App ???? bit.ly/ONESuperApp????: Shop official merchandise ???? bit.ly/ONECShop

Posted by ONE Championship on Friday, November 22, 2019

第1ラウンド、両者は互角の戦いを繰り広げる。ノンオーはトレードマークの右手、右足の強打を何度も放つ。だがセーマペッチは動じない。逆にカウンターで右フックと左キックを決める。

だがノンオーが世界王者の意地を見せ、第2ラウンドにギアを上げてくる。セーマペッチは果敢に打撃の応酬に挑んだが、ノンオーがパワーに勝る。右パンチで攻め立てセーマペッチを下がらせる。

第2ラウンド残り1分を切った時、ノンオーが強烈なアッパーカットクロスを何度も炸裂させ、セーマペッチがキャンバスに倒れこむ。

Nong-O Gaiyanghadao defeats Saemapetch Fairtex at ONE EDGE OF GREATNESS

セーマペッチは立ち上がるが、ノンオーが再び襲い掛かりパンチとヒジで猛攻を続ける。そして極めつけの右アッパーがセーマペッチを捉え、再びノックダウンを奪う。

セーマペッチはそれでも何とか第2ラウンドを乗り切り、第3ラウンドには回復して臨んできたように見えた。ノンオーが前に出てプレッシャーをかけるが、セーマペッチはボディキックやレッグキックでノンオーを捉える。

ノンオーはフィニッシュを狙って積極的にフックやヒジで前に出る。だがセーマペッチも強烈な右フックと左クロスのコンビネーションで応戦する。

Nong-O Gaiyanghadao defeats Saemapetch Fairtex at ONE EDGE OF GREATNESS

第4ラウンド、セーマペッチは猛攻をしぎ、最も厳しい時間帯は乗り越えたかに見えた。ノンオーの強烈な足払いで倒れたものの、すぐに起き上がって左キックと左のクロスで反撃する。

だが世界王者ノンオーのパワーは決定的な差を見せつけた。どこからともなく現れたようなノンオーの右ストレートがガツンとセーマペッチを捉える。セーマペッチはキャンバスに倒れこみ「T」の字になったまま起き上がれなかった。第4ラウンド1分46秒だった。

この勝利によりノンオーは3度目の世界タイトル防衛に成功。戦績を26154敗1分とした。