ニュース

女王スタンプに挑戦する18歳ユニク「スタンプをKOしたい、最後に勝つのは最もハングリーな人間」

2019年6月8日

 6月15日に上海で開催される「ONE: LEGENDARY QUEST」で、ONE女子アトム級のムエタイとキックボクシング両方のベルトを持つスタンプ·フェアテックスに挑戦する、アルマ·ユニク。王座獲得に向けて並々ならぬ意欲を見せるユニクは、あらゆる作戦でスタンプを追い詰めるつもりだ。

「試合は絶対厳しいものになる。それは分かっているけど、どんな決着になるかは分からない。でも、5Rまで行っても、全身全霊で戦う」

 強さに隙きがないスタンプに勝てる選手などいるのか。そう囁かれるなかで、WBCムエタイ世界王者であるユニクが浮上した。彼女はまだ18歳だが、相手が誰でも物怖じしない強さがある。

 ユニクは、若くして世界で脚光を浴びるチャンスを掴んだ。

「厳しい練習をしているし、常にハングリー。誰にも負けるつもりはないし、最後に勝つのは、最もハングリーな人間だと思ってる」

 ユニクの強さは折り紙付きだ。スタンプに匹敵するだけのスキルと素養を持っているし、彼女も自信を見せる。しかし、本当の問題は、フェアテックスジムの卓越したゲームプランだ。

 スタンプは、これまでムエタイとキックボクシングで闘い方を分けて勝利を重ねてきた。キックボクシングでは、彼女の強力なキックを中心に組み立て、ムエタイでは、ボクシングに重きを置いた。

 しかし、ユニク陣営は、その点もしっかり把握していた。

「全部を話すことはできないけど、彼女の分析はしっかりしています。スタンプは優れた技術を持っていて、典型的なタイの選手というイメージ。気を付けるべきはクリンチで、頭をしっかり動かして対抗しないといけない」

「頼れるのは自分のパンチと肘。自信があるし、相手に確実にダメージを与えられる。パワーとスピードも自信があるし、試合のなかでポイントを掴んで、あとは流れに乗せるだけ。もちろん、KOしたいと思っているけど、強い相手なので、その辺は冷静に行きたい」

 タイトルマッチだが、王者·挑戦者共にアグレッシブな選手で、前に出ていくと宣言している。激戦必至、名勝負必至である。

「フェアテックスと闘えて光栄に思っている。最高の試合をして絶対に倒す」