ニュース

【11/22大会】上久保周哉4連勝へ「フルラウンドでスタミナ勝負」

2019年11月19日

ONEチャンピオンシップにデビューして以来3戦全勝と波に乗る上久保周哉が、11月22日(金)にシンガポールで開かれる「ONE:EDGE OF GREATNESS」のバンタム級戦に出場する。

対するは、開催地シンガポールの名門ジム「Evolve MMA」所属、28歳のブルーノ・プッチ(ブラジル)。ブラジリアン柔術の黒帯で、世界ノーギ柔術選手権で2度優勝した実績もある。

柔道で五輪出場を目指していた上久保は、これまでのONEの試合では「自分の組み技を嫌う相手を捕まえる試合が多かった」というが、今回は組み技の名手同士の対決だ。「自分も柔術はやっているが、相手はトップレベル」と警戒。フルラウンドの戦いを想定しつつ、圧倒する気は満々だ。

Will Shuya Kamikubo keep Japan's hot streak going on 16 February?

Will Shuya Kamikubo keep Japan's hot streak going on 16 February? Bangkok | 16 February | 7:00PM | LIVE and FREE on the ONE Super App: http://bit.ly/ONESuperApp | TV: Check local listings for global broadcast | Tickets: http://bit.ly/onelegends19

Posted by ONE Championship on Monday, January 28, 2019

25歳の上久保は、DEEPトーナメント王者。2018年7月の「ONE:BATTLE FOR THE HEAVENS」で、TKO勝利を挙げた。同年11月の「ONE: HEART OF THE LION」と今年2月の「ONE:CLASH OF LEGENDS」でユナニマス判定で勝利を収めている。

だが3連勝と波に乗っていた今年8月、参戦予定だった「ONE:DREAMS OF GOLD」を目の不調により直前で欠場することになった。

「現地入りした日の夜に痛くなり始めた。翌朝、痛くて目が開けられなかった。ONEのスタッフに早めに帰国したほうがいいと言われた」

開催地タイ・バンコクまで行きながら、滞在3日で帰国。自分が出るはずだった試合は日本で観戦した。

「(対戦が予定されていたロシアのユサップ・サーデュラエフは)技術的に高い選手だと思っていたので、試合をしたかった」

「(出場中止は)残念だった。もう一度チャンスが回ってくればいいな、と思った」

Shuya Kamikubo dominates on the ground in a unanimous decision victory over Malaysia’s Muhammad Aiman!

Shuya Kamikubo dominates on the ground in a unanimous decision victory over Malaysia’s Muhammad Aiman!Watch the full event LIVE & FREE on the ONE Super App ???? http://bit.ly/ONESuperApp | TV: Check local listings for global broadcast

Posted by ONE Championship on Friday, November 9, 2018

目の状態は帰国後2週間ほどで回復し、その後すぐに通常の練習に復帰したという。

そして3ヶ月後の今回、チャンスは巡ってきた。

上久保は今回の対戦相手であるプッチの過去の試合動画をチェック。「組み技がすごい。フィニッシュ力もすごいし、サブミッションの技術が高い」と評価する。

試合の流れはこう予想する。

「自分はサブミッションを取るより、トップコントロールを取って、パウンドという流れが多い。コントロールとサブミッションの勝負になるだろう」

「立っても寝ても、グラウンドの攻防になると思う。打撃になっても、組み技が背景になるような試合だ」

上久保はまた、スタミナがこの試合の鍵を握るとみている。プッチはONE参戦以来、フルラウンドの戦いを経験していない。一方の上久保は、3勝のうち2勝をユナニマス判定で挙げている。さらにプッチは今回、主戦場としてきたフェザー級ではなく、バンタム級に階級を落としての出場となる。

「相手の体力を削ってから、グラウンドでいい形で持ち込みたい」

「向こうは、今までの試合は判定まで行っていない。判定まで行ったら向こうのほうがきつくなるのではと思う」

Shuya Kamikubo showcases his trademark grappling in a dominant unanimous decision win over Dae Hwan Kim!

Shuya Kamikubo showcases his trademark grappling in a dominant unanimous decision win over Dae Hwan Kim!Watch the full event on the ONE Super App ???? http://bit.ly/ONESuperApp | TV: Check local listings for global broadcast

Posted by ONE Championship on Saturday, February 16, 2019

スタミナの勝負となれば、「きつい試合を自分からしに行くタイプ」と自らを評する上久保には分がある。

「トップコントロールをずっと続けながら、相手が逃げたり切り返してきても、同じ展開をずっと続ける。スタミナの勝負というか。そこを迷わずできる」

そして上久保は、そんな戦いぶりをファンに見てほしいと思っている。

「才能にも、体格にも恵まれている訳ではない。打撃も組み技もセンスがある方ではないし、ONEに来る前にチャンピオンだった訳でもない。それでも一戦ずつ楽じゃない試合をしながら勝ち抜いてる様子を見てほしい」

シンガポールでの一戦に勝利すれば、上久保は夢にまた一歩近づく。ONEバンタム級世界王者ビビアーノ·フェルナンデス(ブラジル)との対戦だ。10代の頃、ノルウェーの総合格闘家ヨアキム・ハンセンとのDRAMでの試合の予告動画を見て以来のファンだという。

「同じ団体で、運が良ければチャンスが回ってくるような立場まで来れるとは思わなかった。たとえ彼がチャンピオンじゃなくなっても、一番試合をしてみたいのはビビアーノだ」

シンガポール | 11月22日 (金) | 19時半(日本時間) | 中継:ONEチャンピオンシップ公式アプリで生中継(無料)