ニュース

【10/25大会】徳留一樹ONE2連勝、終始試合を支配

2019年10月26日

元パンクラスのライト級世界チャンピオンの徳留 一樹が、10月25日(金)の「ONE:DAWN OF VALOR」で、米国の総合格闘技団体で活躍したジョニー・ ヌネスを相手にユナニマス判定で勝利を挙げた。

ライト級総合格闘技ルールでの対戦。試合前のインタビューで「打撃からのタックルなど、つなぎを重視した総合の戦い方を意識するようにしてる」と語っていた徳留は、3ラウンドを通して試合を支配し続けた。

Japanese ???????? star Kazuki Tokudome snags a unanimous decision win over a debuting Johnny Nunez!

Japanese ???????? star Kazuki Tokudome snags a unanimous decision win over a debuting Johnny Nunez!????: How to watch ???? bit.ly/ONEDAWNVALOR????: Book your hotel ???? hotelplanner.com????: Watch on the ONE Super App ???? bit.ly/ONESuperApp????: Shop Official Merchandise ???? bit.ly/ONECShop

Posted by ONE Championship on Friday, 25 October 2019

第1ラウンド開始直後、前に出てくるヌネスを相手に徳留は、強烈な左パンチを繰り出す。ほとんどがグラウンドの攻防となったが、優勢なポジションを保った。

第2ラウンド、徳留はヌネスに組み付かれ、フェンス側に追い詰められたが、頭を捉えて冷静に対処。一旦立ち上がると、柔道仕込みの技で再びヌネスを寝かせ、ハーフガードからコントロールを奪った。

試合終盤になってもテイクダウンを奪い、近距離からのパンチとエルボーで相手を削る。試合は判定までもつれた結果、徳留に軍配が上がった。

徳留はONE2連勝となり、戦績を20勝10敗1分に伸ばした。

試合後のインタビューで徳留は、「疲れました。なんとか、生き残ったので良かったです。ありがとうございます。テレマカシー!」と、インドネシア語で「ありがとう」を意味する言葉であいさつした。