ニュース

【1/31大会】佐藤将光、第1R一本勝ちでONE3連勝

2020年2月1日

31歳の佐藤将光が6連続でのフィニッシュを決め、24歳のクォン・ウォンイル(韓国)を下し、ONE3連勝とした。

1月31日(金)にフィリピン・マニラで開かれた「 ONE: FIRE & FURY 」でのメイン・カードの第1試合のバンタム級マッチで、佐藤はリアネイキッドチョークを決めて一本勝ちを収めた。

Shoko Sato ???????? kicks off the ONE: FIRE & FURY main card!

Shoko Sato ???????? kicks off the ONE: FIRE & FURY main card with a ???? FIRST-ROUND RNC ???? against Kwon Won Il! ????????????: How to watch ???? http://bit.ly/ONEFNFWatch????: Watch on the ONE Super App ???? bit.ly/ONESuperApp????: Shop official merchandise ???? bit.ly/ONECShop

Posted by ONE Championship on Friday, January 31, 2020

試合開始直後、両者とも打ち合いを辞さない姿勢を見せた。クォンがトレードマークの右パンチを放つと、用心深い佐藤はレッグ・キックを繰り出し、相手の出方を探る。

佐藤は、フェイントとキックを出し始め、クォンとの間合いを取る。そしてクォンに突進し、ダブルレッグ・テイクダウンを仕掛けた。クォンはなんとかクリンチから逃げおおせ、右パンチに繋ごうと佐藤をかわす。

クォンは、なんとか勝機をつかもうと試みるが、全ての打ち合いで佐藤の方が上手だった。

Shoko Sato defeats Kwon Won Il ONE: FIRE & FURY

クォンがリズムを掴みかけてきたと見るや、佐藤は再びテイクダウンへ。クォンはディフェンスしたものの、佐藤はクォンを寝かせ背中を取り、締め上げる体制に入る。

クォンは、再び逃れようともがいたが、今回はその行動が望んでいなかった結果に繋がった。立ち上がろうとした隙を突かれて首を明け渡してしまったのだ。そこでガッチリとリアネイキッドチョークを決められ、第1ラウンド4分5秒、タップする以外の道は残されていなかった。

佐藤はキャリア史上4度目の一本勝ちを決め、戦績を35勝16負3分 (無効試合1)とした。