キックボクシング

【10/15大会】ロッタンがコロナ陽性、出場断念へ

2021年9月25日

ONEフライ級ムエタイ世界チャンピオンのロッタン・ジットムアンノン(タイ)に不運な診断が下された。

9月24日(金)の「ONE: REVOLUTION」の生中継中に、コメンテーターのマイケル・スキャベロとミッチ・チルソンが、ロッタンが新型コロナウイルスの陽性反応を示した、と明らかにした。

ロッタンはワクチン接種を完了していたという。

このため、10月15日(金)の「ONE: FIRST STRIKE」で予定されていたコーメインイベントのダニエル・プエルタス(スペイン)戦への出場ができなくなった。

Rodtang Jitmuangnon screams

「ONE: FIRST STRIKE」へ出場できなくなったロッタンだが、12月5日(日)の「ONE X」で行われる総合格闘技史上最高のアスリートと名高いデメトリアス・ジョンソン(米国)とのスーパーファイトには出場する予定だ。

このスーパーファイトは、ムエタイと総合格闘技のルールを交互に変え、3分4ラウンドで行われる。

ロッタンは、ONEスーパーシリーズで10勝0敗のパーフェクトレコードを保持しており、ムエタイの王者であることに加え、フライ級キックボクシングの1位コンテンダーでもある。

一方、プエルタスは「ONE: FIRST STRIKE」のキックボクシング・フライ級マッチで、ロッタンのチームメイトであるパンパヤック・ジットムアンノン(タイ)と対戦することになった。

今後もONE公式ホームページで最新ニュースをお届けする。

Read more: 【9/24大会】ONE: REVOLUTION – リーに勝利、オクが新王者

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。