特集

ONEフェザー級に君臨する若武者・松嶋こよみのヒーローとは

2019年6月14日

 幼少時代から格闘技最強への道と、自分が強くなるための方法を追求し続けている松嶋こよみ。自分が世界の頂を制することを信じて疑わない、日本の若きヒーローは、誰に影響を受けて、勝負の世界を突き進んできたのか。

 「格闘技が好きな両親に連れられて、小さい頃に佐藤ルミナ選手の試合を観戦しました。テレビやビデオで観るのとは、まるで違う。生だからこそ伝わるものがあって、子どもの頃は、ルミナ選手に強く憧れました」。26歳とはいえ、その格闘技歴はベテラン級なのが、松嶋の魅力だ。憧れの選手も、同年代の選手より深い。

 「その後、小学生になると、テレビではK-1PRIDEがとにかく盛り上がっていて、ミルコ·クロコップ選手が好きでしたね。PRIDEでミルコとヒョードルが戦って、まさに天下分け目の戦いだったわけですが、ミルコは負けてしまいました。その直後、激戦の熱が感染したのか、ヒョードルファンの弟と大喧嘩したのを覚えていますよ(笑)」。きっと地元·横浜が揺れるような兄弟喧嘩だったに違いない。しかし、当時は格闘技にそれだけの熱があったのも確かだ。そして、松嶋は、今やその熱をつくり出す側に回っている。

 「俺がヒーローになれるかなんて分からないですね。ギラギラしているタイプでも、気の利いたジョークが言えるようなタイプでもないから。ただ強くなりたい、どうやったら強くなれるかということだけを考えて生きてきたし、それはこれからも変わらないと思います。プロレス的なエンタメをケージの内外でしようとも思わない」。と、脚光を浴びながらも、浮かれる様子はない。「自然体でいたいです。だから、そんな自分を応援してくれるなら、応援して欲しい。俺はただ、試合で常に良いものを見せようと思っています」。

 ロックスターのようにスターダムを駆け上がっている松嶋だが、舞台や環境が変わろうと、彼がブレることはないだろう。ストイックかつクールな松嶋の姿勢は、決してつくられたものではない。だからこそ、多くの子どもたちのハートを掴むだろう。