ニュース

【3/26大会】ONE X、ノンオーがラマザノフと防衛戦

2022年1月19日

ONEバンタム級ムエタイ世界チャンピオンのノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)がONEチャンピオンシップの10年の歴史の中で最大級のライブイベント、3月26日(土)にシンガポール・インドアスタジアムで行われる「ONE X」で、5度目の世界タイトル防衛戦を行う。

挑戦者は、元ONEバンタム級キックボクシング世界チャンピオンのアラヴァディ・ラマザノフ(ロシア)だ。

262勝54敗1分の戦績を有するノンオーは、ムエタイ界の真のレジェンド。2018年4月に引退を撤回してONEスーパーシリーズに参戦して以来、無敗を保っている。

ONEではで7戦全勝。2019年2月には圧倒的なパフォーマンスで初代ONEバンタム級ムエタイ世界王座に就き、これまでに4度防衛している。

対するラマザノフは、この階級の最も危険なアスリートの1人、長身で大柄なダゲスタンのストライカーだ。ムエタイとキックボクシングで62勝6敗という戦績を築き上げ、数々のハイライト級のノックアウトを記録している。

2019年12月に初代ONEバンタム級キックボクシング世界王座を獲得したが、2021年1月にカピタン・ペッティンディーアカデミー(タイ)にベルトを剥ぎ取られた。

だがそこでラマザノフはムエタイに回帰し、昨年11月の「ONE: NEXTGEN III」のコーメインイベントでポンシリ・PK・センチャイムエタイジム(タイ)を第1ラウンドでノックアウトした。

この優れたパフォーマンスにより、バンタム級ムエタイの4位コンテンダーになり、ノンオーへの挑戦権を獲得した。

「ONE X」では、他にも3試合が決定している。

メインイベントでは、ONE女子アトム級世界チャンピオンのアンジェラ・リー(シンガポール)が復帰し、1位コンテンダーでONE女子アトム級世界グランプリ優勝者のスタンプ・フェアテックス(タイ)を迎えて防衛戦を行う。

また、ONEフライ級世界チャンピオンのアドリアーノ・モラエス(ブラジル)が、急成長中のランキング2位のコンテンダー若松佑弥を相手にタイトル防衛に臨む。

さらに、ONEフライ級ムエタイ世界チャンピオンのロッタン・ジットムアンノン(タイ)とMMAのレジェンドのデメトリアス・ジョンソン(米国)の待望の特別ルールによるスーパーファイトが対決が行われる。

シンガポール・インドア・スタジアムで観戦チケットはこちらから予約できる。

Read more: 【1/14大会】ONE: HEAVY HITTERS – ションV6

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。