取締役会

"アジア史上の最大スポーツメディア・プロパティ"
"アジア最大のグローバル・スポーツメディア・カンパニー"
"アジア最大のマーシャルアーツ団体"
"アジア最大のスポーツメディア・カンパニー"
"アジアを牽引するマーシャルアーツ団体"

チャトリ・シットヨートン 会長

チャトリ・シットヨートン
会長

チャトリ・シットヨートンは、世界150カ国に27億人以上の視聴者を抱えるアジア最大のグローバルスポーツメディアONEチャンピオンシップの創設者、会長兼グループCEOです。ONEチャンピオンシップは、アジアの偉大な文化財、武道、そしてその誠実さ、謙虚さ、名誉、敬意、勇気、規律、そして思いやりの根底にあるアジアの価値観を祝うものです。ONEチャンピオンシップは、メディアパワーとストーリーテリングのチカラによって実在するヒーローを解き放ち、価値観を賞賛し、心に火を灯し、国を鼓舞し、世界を変える使命を果たしています。 シットヨートンはタイの起業家であり、生涯に渡る武道家です。BBC、CNN、ブルームバーグ、CNBC、Channel NewsAsia、その他の主要メディアで世界中の何百万人もの人達が、彼のライフ・ストーリーからインスピレーションを受けています。最近では、Forbesがアジアの次世代の大物の一人としてシットヨートンを選出しました。シットヨートンは、Financial Timesにて「アジアの武道王」として紹介され、FOX Sportsでは、「アジアのスポーツ界で3番目に影響力のある人物」に選ばれました。また、Forbes Global CEO Conference、Milken Institute Asia Summit、Global Entrepreneurship Summit(GES)、CNBC Asia Business Leaders Awards、YPO Edge、Cannes Lions、Forbes Next Tycoons Conference、Asian Leadership Conference等、彼は世界最高のビジネスカンファレンスで長年キーノートスピーカーを務めています。その他、Inc、Esquire、Playboy、CEO、Wealth、Tatler、The Peak、MillionaireAsiaなどの雑誌のカバーストーリーとして紹介されています。彼は世界のトップビジネススクールのひとつであるINSEADのEntrepreneur-in-Residenceにも在籍していました。

シットヨートンは、生徒、格闘家、教師、コーチとして30年以上の武道経験を持ち、世界的に有名なタイのシットヨートンジムの伝説クル・ヨドトン・セナナンの下で認定されたムエタイの上級インストラクターです。また彼は、ヘンゾ・グレイシー の下でブラジリアン柔術の青帯を取得しています。

チャトリ・シットヨートンは、ハーバードビジネススクールでMBA、タフツ大学で学士号を取得しています。


Saurabh Mittal, Vice Chairman
サウラバ・ミタール
副会長

サウラバ・ミタールは、実践的かつ戦略的な付加価値のあるアプローチを持つ起業家であり投資家です。彼は、プライベートグローバル投資持株会社のMission Holdingsの創設者兼会長でもあります。
世界的な起業家と数十億ドルの投資機会を持ち、資本と戦略的付加価値から大規模なプロジェクトを達成するサポートをしています。Mission Holdingsは、通常コアポートフォリオの筆頭株主であり、

規模拡大と事業運営のすべての問題に真のパートナーとして取り組んでいます。ポートフォリオには、ONE Championship(アジア最大のスポーツメディア、世界150カ国の27億人の視聴者に放送)、Incedo(2,000万人の従業員を抱える1億米ドルのデータと分析会社)、BSIファイナンシャル(数兆ドルの住宅ローン業界における実質的なフィンテック企業)、SelfScore(Accelなどの支援を受けているシリコンバレーをベースにしたフィンテック企業)など、幅広い業界および地域にまたがる多くの企業が含まれています。

Mission Holdings以前は、世界最大のヘッジファンドの1つであるFarallon Capital Managemenの系列会社であるNoondayのシニアパートナーで金融サービス、テクノロジー、メディア、テレコムTMTの分野における大規模な公共および民間投資を担当していました。また、インドの大手金融サービスおよび不動産コングロマリットのIndiabullsの共同設立者でもあり、Farallonとの提携により、大規模かつ成功した事業を実現しました。

ハーバードビジネススクールのMBAを取得し、ベイカー奨学生として卒業しました。デリーのインド工科大学で、電気工学の学士号を取得した最優秀卒業生でした。彼はまた、ハーバードビジネススクール卒業生委員会やインド最大の貧困層の児童生徒を対象とした慈善団体であるPaarivarを含む複数の委員会のメンバーです。


Hua Fung Teh, ONE Championship's Group President
フア・ファン・テイ
取締役

フア・ファン・テイ は、ONEチャンピオンシップのグループ代表です。チャトリ・シットヨートン会長兼CEOと共に、グループ戦略、国際展開、グローバル戦略パートナーシップ、資本市場を中心に、ONE チャンピオンシップの経営陣を率いています。また、ONEの最高財務責任者を1年間務めました。

ONEに入社する前は、グローバルな非公開株式投資会社TPG Capital (TPG)の首席でした。東南アジア投資チームのシニア・メンバーとして、東南アジアの成長投資案件および後期投資案件の組成、実行、ポートフォリオ管理を担当しました。それ以前は、TPG の中国と米国のチームにも所属していました。TPG 以前は、シンガポール空軍(RSAF)でパイロットとして務め、RSAF とシンガポール通商産業省の両方でリーダーシップを発揮し、同省の F1 プロジェクト・チーム・リーダーを務めました。シンガポールのF1グランプリ開催権を獲得し、2008年にF1史上初の夜間レースを実施するために政府機関と民間企業の間で調整を行いました。

テイ は、ハーバード·ビジネス·スクールでMBAを取得し、マサチューセッツ工科大学(MIT)で電気工学の修士号と理学士号を取得しています。テコンドー黒帯であり、ミルケン研究所のヤング・リーダーズ・サークルのグローバル運営委員会、世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーズのメンバーでもあります。


Shailendra Singh, Director
シャイレンドラ・シン
取締役

2006年1月からセコイアキャピタル・インドのマネージングディレクターを務め、ベンチャーキャピタルとインドと東南アジアへの成長投資に注力してきました。

10年以上に渡り、モバイル、インターネット、ペイメント、ビッグデータ、及びソフトウェアサービスの分野で、シードステージから成長初期の資本まで数多くの投資を主導し、彼は現在、Carousell、Druva Inc.、Go-Jek、Mu Sigma、Pine Labs、Practo、Scio Health Analytics、Tokopedia、Voonikを含むいくつかの企業の取締役会のメンバーです。

2006年にセコイアに入社する前は、Bain&Companyの戦略コンサルタントを務め、価格設定、顧客セグメンテーション、組織設計、技術アウトソーシング、国際的な問題など、さまざまな問題についてフォーチュン500企業の上級管理者の顧問をしました。

デジタルメディアに関するいくつかの会議で講演しており、起業家のために主要な出版物を定期的に掲載しています。また、ハーバード・ビジネス・プレスやプライベート・エクイティ・ジャーナルなど出版社の記事や事例を共著しました。また、ベンチャー教育センターのカウフマンフェローです。

ハーバードビジネススクールとMBAを取得し、ムンバイのIITで化学工学の博士号を取得しています。


Fock Wai Hoong, Director
フォック・ワイ・フン
取締役

ワイ・フンは現在、Temasekのマネージング・ディレクターとして、TMTと東南アジアを担当しています。Temasekに入社する前は、General Atlanticのパートナーとして東南アジア投資プログラムを指揮し、それ以前はCVC Capital Partnersのマネージング・ディレクターを務めていました。キャリアの初期には、Headlands Capital Partners, LLC、Blum Capital Partners LP、Morgan Stanleyなどの企業で様々な投資管理や投資銀行業務を経験しました。ミシガン大学で経済学の学士号と公共政策の修士号を取得しています。現在は、Asian Venture Philanthropy Network(AVPN)の理事を務めています。


Derek Lau, Director
デレク・ラウ
取締役

現在、デレクはTemasek Holdingsの100%子会社であるHeliconia Capital Managementの取締役会の最高経営責任者(CEO)です。

それ以前は、Temasek Holdingsの投資担当マネージングディレクターでした。彼は10年間の在任期間中、製造業、資本財、建設資材、自動車、オフショア海洋、公益事業、および特殊化学品セクターにグローバルに投資したIndustrials Clusterを率いていました。また、消費者ライフスタイル、ハイテク、金融機関、農業、ヘルスケア分野での取引を主導しており、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、ラオスの各市場に投資し、ベトナムのカントリーヘッドも務めておりました。

Temasekに入社する前、UBS、Dresdner Kleinwort Benson、UOB、Commerzbank AG等、投資銀行業務で10年以上の経験を持っています。メザニン債務、プロジェクトファイナンス、レバレッジドバイアウト、プライベートエクイティ投資を専門としていました。

現在、SPRINGシンガポールの政策諮問委員会及びSingapore Cooperation Enterpriseの理事会のメンバーです。また、UWCSEA財団の受託委員会のメンバーも務めています。

デレクはシンガポール国立大学で経営学の学士号を取得し、主席卒業しました。